結合組織を活性化する

身体の中の結合組織は、臓器と臓器の間を駆け巡る重要な生命維持装置です。太極拳では三焦といい、経絡の経脈から分かれる絡という支流が毛細血管のように駆け巡ります。 そこを活性化し、よく流すことが、武道の発勁の大切な要素です。 …

姿勢や若さ、健康の要、仙骨を調整

仙骨は人間の背骨を支える土台です。 仙骨の上に、背骨が乗っています。 人体のほぼ中心で、骨盤の中央にあり、その先には尾てい骨があります。 この仙骨が腰から上の体全体を支えていますから、これが、おかしくなると全てが大変なこ …

搬攔捶

搬攔捶とは、搬が「払う」・攔が「さえぎる」・捶が「うつ」という意味で、相手の攻撃を払ってかわして打ち出すという動作が合わさった動きです。武術の用法では、相手が左回し蹴りから右上段突きをしてきたときに、回し蹴りを右手内払い …

(進歩・転身)搬攔捶

搬攔捶とは、搬が「払う」・攔が「さえぎる」・捶が「うつ」という意味で、相手の攻撃を払ってかわして打ち出すという動作が合わさった動きです。武術の用法では、相手が左回し蹴りから右上段突きをしてきたときに、回し蹴りを右手内払い …

甩手の動きでやってみましょう

***はねあげ さっきの甩手の部分の手を跳ね上げていくところ、ここは体を伸ばしていきエネルギーを高めていくので交感神経を高めますが、太極拳は、副交感神経をゆるめることで交感神経を高めます。リラックスしながら緊張に近づいて …

指龍の練習風景

指に龍と書いて指龍と言う指の運動を行います。(行気導引法) 実は太極拳の練習は人間の経絡を意識して行います。武術では、その経絡に点在するつぼ、つまり急所を突いて相手を制します。経絡とは気の通り道で、気が電車とすれば、線路 …

左右蹬脚

蹬脚とは、踏み込む足の意味で、かかとで相手の下腹部などに踏み込むようにして蹴る技です。 体がまっすぐのまま蹴るのではなく、蹴る前に一度上半身を左右にかわしてから、蹴り出すのが特徴です。武術の用法としては、相手の攻撃を体と …

太極拳では膝を壊す人が多いですが、膝を壊さず瞑想太極拳まで至るにはどうすればいいですか。

メールでご質問いただきました。ありがとうございました。 もともと太極拳の動きは、基本をしっかりしていないと膝を壊すのは当然の動きなんです。その他の武道も同じだと思います。 日本で普及している太極拳は、お年寄りでもすぐに始 …

Welcome -i-

楊式の武当派太極拳の気功術を、社会体育として、体育学、生理学、道教の健身法、経絡学説などの理論などから、太極拳とエアロビクスの相互作用に着目し、優れた安全なフィットネスやエアロビクス運動として研究開発されたものです。 ミ …

内丹術

中国の仙人達が、体内の気を巡らして、不老長寿の壮健な心身と、何事にも崩れることのない幸福を自己確立するための方法として、内丹という方術を生み出しました。今回はそれについて簡単に解説します。 あの有名なユング(スイスの精神 …