吐納太極拳

太極拳の古くからの導引法で、吐納太極拳というのを行って、体の血液を入れ替えるという術が行われていたと記録されています。
実際に血液を入れ替えるのではなく、大気を体に取込、古い血液中の老廃物を全て外に吐き出して、血液をきれいにすると言うことが古典に書かれています。
古くから、血液をきれいにすると言うことが、健康に大切なことと考えられていたようです。

一つの型を繰り返して、まるでエアロビクスのようにして行う方法が古くから有ります。

コメントを残す