便通が悪い。

太極拳は、鬆腰といっておもにへその高さのウェストを和らげる運動が中心です。

もちろんその内部には大腸と小腸があり、その周辺には第二の脳と言われる太陽神経叢、下腹神経叢があります。

丹田と呼ばれる部分の周辺であり、太極拳のような武道の運動はその部分の活性化により、動力を生み出すものです。

このように、エアロタイチをすることにより、便通に大切な大腸周辺は活性化するので、有益なホルモンと共に、便通を正常にしてくれます。

肌がかさかさ。

肌がかさかさなのは、主に新陳代謝の問題です。

新陳代謝を高める効果的な太極拳の気功法 は、気功法(吸気)は(排気)体内毒素の排出(無気)脂肪燃焼と余分な筋肉を縮小させ、インナーマッスルを育てます。又、心肺機能を最大限に緩やかに無理なく強化します。

瞑想太極拳の気功術は内丹術として中国古来から不老長寿のための高度な技術として仙人の修行や処世法として伝統的に継承されており、気と呼吸により体外から空気を取り入れ、気により末端の細胞まで酸素、糖や質などの栄養分を運びます。

新陳代謝を高め、皮膚呼吸を活発にすることが大切で、太極拳には伝統的にその技法が伝承されています。

吹き出物が多い。

新陳代謝を高める効果的な太極拳の気功法 は、気功法(吸気)は(排気)体内毒素の排出(無気)脂肪燃焼と余分な筋肉を縮小させ、インナーマッスルを育てます。又、心肺機能を最大限に緩やかに無理なく強化します。

瞑想太極拳の気功術は内丹術として中国古来から不老長寿のための高度な技術として仙人の修行や処世法として伝統的に継承されており、気と呼吸により体外から空気を取り入れ、気により末端の細胞まで酸素、糖や質などの栄養分を運びます。

新陳代謝を高め、自然と体内毒素を排出することが大切で、太極拳には伝統的にその技法が伝承されています。