姿勢や若さ、健康の要、仙骨を調整

仙骨は人間の背骨を支える土台です。 仙骨の上に、背骨が乗っています。

人体のほぼ中心で、骨盤の中央にあり、その先には尾てい骨があります。

この仙骨が腰から上の体全体を支えていますから、これが、おかしくなると全てが大変なことになります。

太極拳の内丹術での整体は、仙骨の調整を最も重要視しています。 私の知り合いの整骨院でも、この仙骨の調整で全てが解決します。 多くの人がここのゆがみで苦しんでいます。

仙骨の周辺には太陽叢(たいようそう)という大きな太陽のように放射する自律神経の固まりがあります。 腹脳とも言われます。ここを下丹田。胸にある胸腺の位置にある、中丹田。脳内の深い部分にある松果体を上丹田として、気を循環させます。

どれも、いやなことや辛いことがあると痛く、重くなる部分ですね。 良いことがうれしいことがあるとスカッとする部分です。

下丹田は自律神経の要、中丹田は免疫の要、特に胸腺が衰えることが老化になります。上丹田は人間が生きる上でとても重要な、睡眠を正常にするなどのホルモン、メラトニンを分泌し、メラトニンは鬱病や神経症の治療薬として注目されているセロトニンから生成されます。

ここで中心に気を通し、調整しますが、この中心が歪むと仙骨をはじめ背骨も大きく歪み、身体のバランスが大きく崩れます。 その結果、著しく身体波動は低下し、内臓や精神までもその影響を及ぼし、病気や症状という形で発生します。

この調整は、初歩は、仙骨内の活性化です。 ここでは、仙骨の中心部には臍下丹田と言われ非常に重要視されているエネルギー球体が有ります。この丹田の源を活性させることで、エネルギー源を活発にします。

まず、立禅という立って行う禅を行います。

立禅において、自然呼吸で、身体を調え、心を調え、念を止めて心身を落ち着かせます。次に心と呼吸を合わせます。 そこから吐納法という呼吸法を行います。 最初は自然呼吸の文息(意識が弱めの静かな呼吸)で、 その後に強い意識で武息(深い強い呼吸)を丹田が熱くなる感覚に沿って繰り返します。 良く腹式呼吸と言われますが、正しくは逆腹式呼吸です。 よく言われる気功がこの段階です。

息は印堂という眉毛の間の経穴から息を吸うような感覚で、吐きながら丹田に意識で落とします。体の中心を走る経絡を使います。(奇経の衝脈)

これが静功です。

丹田がぽかぽかしてきたら、エネルギー球体をへそ(神闕:しんけつ)のところに意識し、へそ下(気海=きかい)、関元(かんげん)=へそと恥骨の中間、中極(ちゅうきょく)=へそから恥骨までを5等分し、その5分の4下がったところ、(3つ合わせて臍下丹田)に落とします。 そこから会陰(えいん)=肛門の1センチ前→尾閭(びろ)尾骨の先端→命門(めいもん)へその真後ろ 第2・第3腰椎の間→夾脊(きょうつい)命門のすこし上のところ→心兪(しんゆ)肩甲骨の間の真ん中→大椎(だいつい)首の一番大きな突起の下、第7頚椎と第1胸椎の間→玉枕(ぎょくちん)眼球の真後ろ 「枕があたる骨」→百会(ひゃくえ)頭の頂上 両耳の先端から、真っ直ぐに上がったところ→印堂(いんどう)=眉間→山根(さんこん)両目頭の間を「エネルギーのボール」を舌を上顎につけて下へ誘導していきます。 そして唾液を飲み下し、天突(てんとつ)喉仏の下→(だんちゅう)=左右の乳頭の中間で胸腺の位置(中丹田)→中月完(ちゅうかん)→神闕(しんけつ)へそに戻り、神闕にある「エネルギーのボール」を一度丹田内(関元=へそ下三寸→会陰=肛門前→尾閭=尾てい骨→命門=へそ裏→神闕=へそ)で回転させます。

これを起勢という、太極拳の型を使って行います。 ゆっくりやればやるほどいいのです。

内丹術ではここまでを築基(ちくき)と言います。動きと呼吸と気が一致して動きます。

動功です。これを繰り返し延々と練習します。 3年くらいはこれしか教えない武当派の流派もあります。

ここまでは基礎を作る段階です。要は未病状態ではない体にするという段階です。 うまくいっていると、少し歩いただけでも、掌がまっ赤になる五気順布という現象が現れます。いつでもそれが出来るようになると、もう気功師の入口です。 レイキなどの簡単な気功が行えます。 冬でも手がぽかぽかです。

この後は、より健康な体、本来の素晴らしい潜在能力を呼び戻す段階です。

内丹術の小周天や大周天という技法を使います。 両方とも古式太極拳の型の中で行っていきます。 とても深い長い道ですが、正しい内丹術に沿った、おおらかな套路を毎日続けてやることで驚くほど早い時間で内丹で仙人を目指せます。

太極拳が熟練してくると、築基の静功と動功を詳しくやります。

中心が正しく整っているかは、新聞紙の筒を使ったバランスで検査します。 気が通ったかどうかは、掌で分かります。

強力な抗酸化物質メラトニン

皆さん、メラトニンという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

メラトニンは、動物、植物、微生物で見られる天然の化合物で、動物ではホルモンの一つで脳の松果腺から分泌されます。

よく知られているのは、催眠作用や生体リズムの調節作用ですが、特に強調したいのは、 ビタミンEの2倍の効果を持ち血液脳関門も容易に通り抜けることができ体全体に行きわたることができる強力な抗酸化物質であるということです。核DNAおよびミトコンドリアDNAを保護する役割も持つそうです。

アメリカでは栄養補助食品サプリメントとして販売されており、一般薬局で誰でも容易に入手することができ、メラトニンは不眠治療に用いられるほか、時差ボケの解消にも利用されているのですが、服用においては副作用も報告されています。

しかし、服用などせずとも、動物ではホルモンの一つで脳の松果腺から分泌されるものであり、もちろん副作用などもありません。

このメラトニンは、太極拳でとても活発になるセロトニン神経の作用により分泌されるセロトニンから合成されます。セロトニンは、幸福感をもたらし、平常心を保ち、脳の活動を高める作用があり、老化防止に大きく貢献する酵素です。セロトニン神経を活性化させるためには丹田呼吸やリズム運動が最も効果的で、太極拳の呼吸法と、リズムのある動きが大切です。

太極拳で、セロトニン神経が活発になることは、科学的にも証明されていますので、セロトニン神経をテーマにして色々と研究をしていきたいと思います。

二つの技を覚えました。

今日は2つの技を覚えましたが、家でもくりかえしてやってみてください。呼吸を組み合わせて発勁の威力と護身の用法を思い出してやることがこつです。ちょっとやってみましょう。★ひとりひとり、ゆっくり受けさせてみる。太極拳の護身術の極意はほう勢・按勢・り勢・擠勢などの勢と、走勁・粘勁などの組み合わせです。この様な武術を意識し呼吸と動きを合わせた練習を多くリズミカルに組み合わせているといつの間にか身につきます。そしてゆっくりと組み手、太極拳では散手といいますが、有る程度上達したらゆっくりした動きの中で二人でくんで練習します。たまには取り入れて行いたいと思います。

武術の心意と動きと共に呼吸法をしっかりと身につけると、素晴らしい健康効果がある導引法(現在では気功法)が身につきます。不純物などの毒素と呼ばれるものを体外に排出する排気・免疫を末端の細胞まで届けて生理的総合力を高める吸気・最も大きな特徴。体の引き締め効果のある無気です。

高探馬

高探馬とは、「高く馬を探(さぐ)る」と書き、乗馬の前に、馬の鞍を確かめる形に似ている動きです。武術的には、この様な用法ができます。(★やってみせる)~

***動きの解説(左向き高探馬)
①立禅の姿勢から、左足に少し重心を移動させながら、右足つま先を90度左に向けて重心を移しながら体も左へ向ける。両手は自然に横へ広げる。★~
②重心は完全に右足に移し、左足はつま先を脱力したまま右足つま先の前まで引き寄せてきます。それと同時に、手首を落としながら両手のひらを自分の方に向け、指先は上にします。★~
③左足をつま先は床にするようにしながら少し引き寄せると同時に、右手はみぎ肩から弧を描くように少し上げ気味にしながら前に打ち出し、左手は手のひらを上に向けながら左腰あたりまで引き寄せます。
④虚歩の姿勢になりながら、前足の膝は少し内側に意識を向け、打ち出した手は手刀で前へ、腰は左にひねるようにし、体がひねられるような感じになります。
***逆向き、繰り返しの練習
反対も続けてやってみましょう。①左足を右足前に引きよせ、つま先を内側に180度向きを変え、重心を左足に移しながら体も向きを変えます。同時に両手は前後同様に大きく広げます。②〜④は逆向きに同じ事をします。★~
左右続けてやってみましょう。★~
音楽に合わせてやってみましょう。★~
***呼吸法
次に呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~

左右倒でん猴

倒でん猴とは、「倒」が後ろにさがる、「でん」が追いかけるとか追い込む、「猴」が猿または猿のように体を丸めることを意味します。後退しながら猿が獲物を攻撃するときのように、後ろに下がりながらも手のひらを前に打ち出す、つまり、後ろに下がりながらも気は前に向かって相手を追い込んでいるという動きです。武術的には、手を捕まれたときに後退しながら打ち出す用法ができます。(★1つ見せる)~

***動きの解説
①立禅の姿勢から、右足を左足に引きつけてから、右足のつま先を左方向に向けて横に戻し、重心を右足に移動させながら左足はかかとを持ち上げた状態になります。それと同時に、両手を鳥が羽を広げるようにふんわりと体の横に開いていきます。★~
②重心は完全に右足に移し、左足はつま先を脱力したまま右足つま先の前まで引き寄せてきます。それと同時に、手首を落としながら両手のひらを自分の方に向け、指先は上にします。★~
①②を何回か続けてやってみましょう。①で大きく開き、②で全体的に少し縮む感じです。目線は、後ろにあがる右手を追います。★~
③左足をつま先から後ろに一歩下げ、重心をかけていき、膝、骨盤、腰と左方向に回転していきます。それと同時に、右手はそのままの高さで右耳横を通って前に押し出し、その反作用で左手は手のひらを上に向けて左骨盤の横まで引き込んでいきます。★~
④完全に重心は左足に移し、右足はつま先立ちの虚歩になります。それと同時に右手は手のひらを前に押しだし、左手は左骨盤横に引き、上体はやや左方向を向きます。★~
③④を何回か続けてやってみましょう。目線は打ち出す方向を見ます。★~
通してやってみましょう。★~
***逆向き、繰り返しの練習
反対も続けてやってみましょう。①重心は左足のままで、腰に引いた左手は後ろにあげ、前に打ち出した右手は少し上に持ち上げます。②〜④は逆向きに同じ事をします。★~
左右続けてやってみましょう。★~
2回づつ向きを変えてやってみましょう。左右行ったら、前の足を一回引き寄せつま先を内側にして再び前に出し、そこに重心を移しながら180度向きを変えて打ち出します。★~
音楽に合わせてやってみましょう。★~
***呼吸法
次に呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~

手揮琵琶

手揮琵琶とは、「手で琵琶を揮(ふる)う」という意味です。体をやや後ろに引き、両手で外側から抱き込むような動作が、琵琶を抱えて弾いているようだからです。武術的には、構えとして使われたり、相手の攻撃をかわしたりなどして用います。★(用法を1つやってみせる)~

***動きの解説(右前の手揮琵琶)
①立禅から、左足を一歩後ろにひきながら重心をやや後ろにすると同時に、両手を腹前へ少し広げます。★~
②重心を後ろ足にかけ、そこに右足を引き寄せて腰を後ろにひくと同時に、広げた両手をおなかの前に引き寄せて、空気を下に押さえ込むようにします。★~
③引き寄せた右足を持ち上げて一歩前にかかとをつけ、重心を少し前に移すと同時に、両手を胸前に上げて右手は目の高さで外側へ開いていき、左手は胸の位置で外側へ開いていきます。
④後ろ足に重心を移して虚歩となりながら、腰・肩を少し左へひねり半身になります。それと同時に、右手は外側から弧を描いて体の正面の目の高さに、左手は外側から弧を描いて右手の肘の位置に構えます。やさしく大事な人を抱きかかえるような感じです。
***逆向き、繰り返しの練習
逆向きもやってみましょう。90度の方向転換をいれてみます。
①右の手揮琵琶が終わった状態から、前足をその場で90度左に踏み換え重心をかけると同時に、腰・胸・肩を右に向けていきます。★~
②③④は、右方向の手揮琵琶と逆のことを行います。★(1つ1つ動きを確認しながらやる。)~
逆向きを何回かやってみましょう。★(一緒にやる)~
左右の手揮琵琶を合わせてやってみましょう。★(カウントだけとり、見てみる)~
音楽に合わせてやってみましょう。★~
***呼吸法
次に呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~
***留意点
●気の流れは、①で大きくかき集め、②でおなかの中にしまい込むようにし、③でしまい込んだものを伸ばした手へ、④で下の手で挟み込むように意識します。

搂膝拗歩

ろう膝拗歩とは、膝をはらって拗歩するという意味で、拗歩とは拳法用語で立ち足と攻撃の手が逆になる立ち方を言います。武術の用法としては、相手のけりを払い、手のひらで相手をつくといった動きが出来ます(やってみせる★)。それでは、左方向へ打つろう膝拗歩から、ゆっくり動いてみましょう。~

①立禅から、重心を左に移動させると同時に、両手を少し横に広げます。★~
②重心を右に移しながら左足かかとを持ち上げ、つま先を地面にする感じで右足横に寄せます。それと同時に、右手は大きく横から右上に持ち上げます。手首はダランとさせておきます。左手は、横から胸の前を横切って右手横に沿わせます。★~
①②を続けて繰り返してみましょう。重心移動は左・右です。★~
③左足を左にかかとから一歩だし、重心を左に移動させると同時に体を90度左に向け、それと同時に右手のひらを起こして左に向け、右の耳横を通って前に伸ばす準備をします。その反作用で、左手は右肩から体の前を通って斜め下におろしていきます。★~
④そのまま、重心を左足にかけて弓歩になると同時に、右手は手のひらで前に押し出す感じで伸ばし、左手はももの横あたりまで払い下げ、手のひらは下向き、指先は進行方向を向けます。★~
③④を続けて繰り返してみましょう。重心移動は右から左です。★~
①から④まで続けて繰り返してみましょう。★~
ろう膝拗歩は、てのひらで打つ用法ですので、打ち出す手に気を集めて、気の球を前へ押し出すイメージでやってみましょう。
***呼吸法 [#o877ba37]
次に呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~
***逆向き、繰り返しの練習 [#b9e7643e]
今度は逆向きのろう膝拗歩をやってみましょう。左へ打ち出した形から、①重心を後ろ足に移動させながら前足のつま先を上げて90度内側に戻し、体も正面に向き直ります。★~
②重心を左足に移し、右足を左足横に引き寄せながら上体も左に向け、それと同時に左手は下から後ろに上げていき、右手は胸前に有る空気を左手のひらに納めるような感じで左手に寄せていきます。★~
③右足を円を描きながらかかとから前へ1歩踏みだし重心を移しながら腰・胸と順番に右方向へ向けていきます。それと同時に、右手は胸前を通って右下へ払う準備、左手は耳の横を通って打ち出す準備をします。★~
④右足に体重を乗せた弓歩となると同時に、右手は払い下げ、左手は打ち出します。★~
逆向きを何回かやってみましょう。★(一緒にやる)~
左右のろう膝拗歩を合わせてやってみましょう。★(カウントだけとり、見てみる)~
音楽に合わせてやってみましょう。★~

白鶴亮翅

白鶴亮翅とは、白い鶴の美しい羽という意味で、羽を広げていくように動きます。武術の用法としては、両方からの突きを雲手で払いのけた後、一歩入って相手の首に腕を引っかけ、体を開く勢いを使って倒す用法があります(やってみせる★)。それでは、ゆっくり動いてみましょう。~

①まず、重心を少し左足に移し、右足を少し寄せます。それと同時に、体はやや斜め左に向け、右手は外から内に円を描きながら手のひらを上に向けておなかの前に持ってきます。左手は外から内に円を描きながら手のひらを下に向けて胸前に持ってきます。両手で体の前にボールを抱えているようなかたちです。★~
②右足を少し右前に踏み出し、重心を移すと同時に、腰は右足の方を向き、右手も右前に上げていきます。その反作用で、左手は左斜め下におろしていきます。★~
①②を続けて繰り返しやってみましょう。★~
③完全に体重を右足に移し、かかとを外に押し出しながら90度左方向に体を回転させます。それと同時に、右手は胸と顔の前を通って右斜め上に上げ、左手は胸前を通って左腰あたりまで払い下げます。★~
④そして、右足は膝裏を脱力させたままで体重をのせ、左足はその場でつま先立ちにします(虚歩)。胸を広げるようにしながら上の手のひらは外側に翻し、下の手は斜め下に向けて伸ばして行きます。両手の平はしっかり生かし、指先までしっかり気を通すイメージをします。★~
③④を続けてやってみましょう。★~
胸前に抱えたエネルギーボールを、大きく自分の前に広げるイメージ、または、鶴が縮めていた羽を大きく広げたようなイメージを持って、伸びやかにやってみましょう。胸の伸び縮みと、腰の緩やかなひねりの運動になります。続けてゆっくりやってみましょう★~
***呼吸法
次に、呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~
***逆向きの練習
今は左に向く白鶴亮翅です。今度は、逆に右に向く白鶴亮翅もやってみます。左が終わった形から、体をやや右に向けながら上に上がっている右手は胸前に、下に下がっている左手は腹前に持ってきてエネルギーボールを抱えます。そして、左足に重心を移動させながら左手を前に出し、右手を後ろに下げて行きます。これで①②ですね。①②を続けてやってみましょう。★~
次に、下の手を胸前と顔前を通って左斜め上に、上の手は胸前を通って右下に払い、最後に上の手は翻して斜め上、下の手は左下に押し出すようにします。何回かやってみましょう。★~
左右つなげて、やってみましょう。★~
音楽に合わせて、やってみましょう。★~

野馬分鬃

野馬分鬃は、野の馬がたてがみを分けるとかき、馬がたてがみをなびかせながら野原をかけているような動きです。この様な動きです(やってみる★)。武術の用法としては、相手の攻撃をよけた後、脇または首に肩を寄せ、腕を広げて自分の後ろに倒すようにひねっていく動きが特徴です。(やってみる★)この特徴を頭の隅において、まずは左方向の野馬分鬃からゆっくりやってみましょう。~

①立禅の姿勢から、重心をやや右に移動させながら、両手を少し横に広げます。★~
②続いて、さらに重心を右に移動させ、左足のかかとをあげてつま先は地面をするように右横に寄せてきます。それと同時に、左手は手のひらを上に向けながら小指側からおなかの前に持ってきます。手に大きなボールを乗せているような感じです。右手は手のひらを下に向け親指側から胸の前に持ってきますボールを上から押さえているような感じです。★~
ここまでの動きをゆっくり続けてやってみましょう。(★初めは解説しながら、次にカウントを入れてスムーズに出来るまで繰り返す)~
③次に、②の状態から、左足を左にかかとから出し重心を左に移しながらつま先は左に向けて着地し腰も左に回していきます。それと同時に、下にある右手を左方向に打ち上げ始め、右手は手のひらを下に向けたまま右後ろの方へ緩やかに下げ始めます。★~
④さらに重心を左足に乗せるていくと同時に、左手は斜め左上まで伸ばします。右手は肘を後ろに押し出すようにして下げ、指先は前に向けます。これが③④の動きです。抱えていた空気のボールを、前後に細長く伸ばしていくイメージです。★~
③④の動きを続けてやってみましょう。(★初めは解説しながら、次にカウントを入れてスムーズに出来るまで繰り返す)~
初めからつなげてやってみましょう。(★初めは解説しながら、次にカウントを入れてスムーズに出来るまで繰り返す)~
***呼吸法
①で吸い始め、②で吸いきって無呼吸に、そして③ではき始めて④で吐ききって無呼吸になります。呼吸と動きが連動し、②で吸いきったときに体が縮んで、④で吐ききったときに体が伸びる事により、次の動作が途切れなく自然に行われます。やってみましょう。★~
それでは、ゆっくりめに続けて動いてみましょう。★~
*音楽に合わせて、今日やった動きをつなげて動いてみましょう。 [#of229991]
今まで教えた動き方の細かいことにとらわれず、覚えたことは頭の片隅に置いておきながら、とにかくリズムに乗って楽しく動いてみましょう。呼吸は自由に入れたいときに入れてみてください。(★15分くらい)

起勢

起勢という型は、起きる勢いと書きます。このような動きです(やって見せる★)。武術の用法としては、相手に両手首を捕まれたときに抜く、または上から捕まれそうになったとき手を跳ね上げたり(扌朋勢)、中段を攻撃されそうになったときなどに下に落としたりできます(按勢)(やってみせる★)。このように、手が上がるときは腰が後ろに行き後ろ体重に、手を下げる勢いの時は前体重になるということを頭の片隅において、まず、動きをゆっくりやってみましょう。~

①立禅の姿勢から、両手を手の甲から前方へ上げていきますが、肩と肘はリラックスさせ、手首だけが糸をつられて上へ引っ張られている感覚で肩の高さまであげていきます。それと同時に、腰を少し後ろに引きながら重心をかかとの方へ移動させます。★~
②次に、体のバランスが後ろに崩れそうになり、均衡反射が生まれ、両手はブランコが上から下がってくるようなふわっとした動きになります。★~
①②を続けて何回かやってみましょう。★~
③そして、両肘から下げる動きが始まり、それが波のように手首、指先へと伝わり、ゆるやかに下げていきます。手のひらで空気を押し下げる感じです。それと同時に、腰を下へ弧を描きながら少し前へ出していき、重心もややつま先にのせます。④両手が体の横に戻ると同時に、重心も中央に戻ります。★~③④をも続けて何回かやってみましょうう。★~
①②③④を続けてやってみましょう。★~腰の動きは、後ろ、下、前、上という縦の円運動が自然に行われます。
***呼吸法 [#o35680bb]
この時の呼吸ですが、①で両手を上に上げるときに吸い、②で下げるときに吐きます。吸気では、腹部に圧力を感じながら横隔膜が下がり、おなかを背中側にへこませていく動きによって、自然に重心が後ろに行きます。やってみましょう★~
両手が肩の位置に来たときに吸いきって、一瞬無呼吸運動が起きた反動により両手を下げていき、同時に呼気が始まります。吸気の時と同様に腹部に圧力を感じながら、今度は横隔膜があがってきておなかが膨らんできます。その動きによって、重心は少し前になります。★~。
それでは、音楽に合わせて、起勢をやってみましょう。(★最初はゆっくり〜倍のテンポで〜繰り返して)