姿勢や若さ、健康の要、仙骨を調整

仙骨は人間の背骨を支える土台です。 仙骨の上に、背骨が乗っています。

人体のほぼ中心で、骨盤の中央にあり、その先には尾てい骨があります。

この仙骨が腰から上の体全体を支えていますから、これが、おかしくなると全てが大変なことになります。

太極拳の内丹術での整体は、仙骨の調整を最も重要視しています。 私の知り合いの整骨院でも、この仙骨の調整で全てが解決します。 多くの人がここのゆがみで苦しんでいます。

仙骨の周辺には太陽叢(たいようそう)という大きな太陽のように放射する自律神経の固まりがあります。 腹脳とも言われます。ここを下丹田。胸にある胸腺の位置にある、中丹田。脳内の深い部分にある松果体を上丹田として、気を循環させます。

どれも、いやなことや辛いことがあると痛く、重くなる部分ですね。 良いことがうれしいことがあるとスカッとする部分です。

下丹田は自律神経の要、中丹田は免疫の要、特に胸腺が衰えることが老化になります。上丹田は人間が生きる上でとても重要な、睡眠を正常にするなどのホルモン、メラトニンを分泌し、メラトニンは鬱病や神経症の治療薬として注目されているセロトニンから生成されます。

ここで中心に気を通し、調整しますが、この中心が歪むと仙骨をはじめ背骨も大きく歪み、身体のバランスが大きく崩れます。 その結果、著しく身体波動は低下し、内臓や精神までもその影響を及ぼし、病気や症状という形で発生します。

この調整は、初歩は、仙骨内の活性化です。 ここでは、仙骨の中心部には臍下丹田と言われ非常に重要視されているエネルギー球体が有ります。この丹田の源を活性させることで、エネルギー源を活発にします。

まず、立禅という立って行う禅を行います。

立禅において、自然呼吸で、身体を調え、心を調え、念を止めて心身を落ち着かせます。次に心と呼吸を合わせます。 そこから吐納法という呼吸法を行います。 最初は自然呼吸の文息(意識が弱めの静かな呼吸)で、 その後に強い意識で武息(深い強い呼吸)を丹田が熱くなる感覚に沿って繰り返します。 良く腹式呼吸と言われますが、正しくは逆腹式呼吸です。 よく言われる気功がこの段階です。

息は印堂という眉毛の間の経穴から息を吸うような感覚で、吐きながら丹田に意識で落とします。体の中心を走る経絡を使います。(奇経の衝脈)

これが静功です。

丹田がぽかぽかしてきたら、エネルギー球体をへそ(神闕:しんけつ)のところに意識し、へそ下(気海=きかい)、関元(かんげん)=へそと恥骨の中間、中極(ちゅうきょく)=へそから恥骨までを5等分し、その5分の4下がったところ、(3つ合わせて臍下丹田)に落とします。 そこから会陰(えいん)=肛門の1センチ前→尾閭(びろ)尾骨の先端→命門(めいもん)へその真後ろ 第2・第3腰椎の間→夾脊(きょうつい)命門のすこし上のところ→心兪(しんゆ)肩甲骨の間の真ん中→大椎(だいつい)首の一番大きな突起の下、第7頚椎と第1胸椎の間→玉枕(ぎょくちん)眼球の真後ろ 「枕があたる骨」→百会(ひゃくえ)頭の頂上 両耳の先端から、真っ直ぐに上がったところ→印堂(いんどう)=眉間→山根(さんこん)両目頭の間を「エネルギーのボール」を舌を上顎につけて下へ誘導していきます。 そして唾液を飲み下し、天突(てんとつ)喉仏の下→(だんちゅう)=左右の乳頭の中間で胸腺の位置(中丹田)→中月完(ちゅうかん)→神闕(しんけつ)へそに戻り、神闕にある「エネルギーのボール」を一度丹田内(関元=へそ下三寸→会陰=肛門前→尾閭=尾てい骨→命門=へそ裏→神闕=へそ)で回転させます。

これを起勢という、太極拳の型を使って行います。 ゆっくりやればやるほどいいのです。

内丹術ではここまでを築基(ちくき)と言います。動きと呼吸と気が一致して動きます。

動功です。これを繰り返し延々と練習します。 3年くらいはこれしか教えない武当派の流派もあります。

ここまでは基礎を作る段階です。要は未病状態ではない体にするという段階です。 うまくいっていると、少し歩いただけでも、掌がまっ赤になる五気順布という現象が現れます。いつでもそれが出来るようになると、もう気功師の入口です。 レイキなどの簡単な気功が行えます。 冬でも手がぽかぽかです。

この後は、より健康な体、本来の素晴らしい潜在能力を呼び戻す段階です。

内丹術の小周天や大周天という技法を使います。 両方とも古式太極拳の型の中で行っていきます。 とても深い長い道ですが、正しい内丹術に沿った、おおらかな套路を毎日続けてやることで驚くほど早い時間で内丹で仙人を目指せます。

太極拳が熟練してくると、築基の静功と動功を詳しくやります。

中心が正しく整っているかは、新聞紙の筒を使ったバランスで検査します。 気が通ったかどうかは、掌で分かります。

Welcome -i-

楊式の武当派太極拳の気功術を、社会体育として、体育学、生理学、道教の健身法、経絡学説などの理論などから、太極拳とエアロビクスの相互作用に着目し、優れた安全なフィットネスやエアロビクス運動として研究開発されたものです。

ミドルテンポの音楽に合わせて、気功術を行いながら、太極拳の型をエアロビクスのように、約30分程度繰り返しながら連続して行います。

シェイプアップや健康増進・健康維持に役立ち、男性・女性関係なく行える武術としての太極拳とエアロビクス運動を組み合わせたエアロタイチは、本来の人間の動きを調整(ホメオスタシス)するための、基本的な基礎トレーニングをしっかりと身につけることができます。

運動の流れを覚えることで、実際、自宅でもトレーニングが可能になります。

さらに、エアロタイチは、自律神経調整機能や、

リラックス効果、また、ストレス発散効果もあります。

無心になり、雑念を除き、無酸素運動でインナーマッスルを育て、有酸素運動でさわやかな汗をかくことができます。

内丹仙術

エアロタイチには、心気体を浄化する太極拳(武当派)の内丹仙術が組み込まれています。

内丹仙術では心気体を神気精として深く考えています。

What エアロタイチとはなに?

How エアロタイチでどうなる?

内丹術

中国の仙人達が、体内の気を巡らして、不老長寿の壮健な心身と、何事にも崩れることのない幸福を自己確立するための方法として、内丹という方術を生み出しました。今回はそれについて簡単に解説します。

あの有名なユング(スイスの精神科医・心理学者。)も内丹術に関して「黄金の華の秘密」という解説書を共著で出版したほどで、心理学だけでなく、精神医学にとっても内丹術はポピュラーなものです。ユングはそこで、「われわれは無意識を理解することによって、無意識による支配から解放される。内丹術を修練する人間は、あらゆる外的・内的な錯綜から自分を解放する方法を教えられる。」と述べています。

もともと人体は、遠赤外線という地球上にどこにでもあたりまえにに存在する光という電磁波を、水分をたっぷり含んだ皮膚と、その皮膚下にあるあふれるような水分で反応させて、体内に電気と磁気を生み出すことは科学で明らかになっています。

その電気と磁気というエネルギーの通り道が経絡であり、その中継点が経穴(つぼ)です。

内蔵や脳にある体内の水は電気・磁気をたっぷりと含み水電池の役割を果たして、内臓や脳・神経や筋肉、そして生理や血脈などのあらゆる生命維持活動と幸福を支えているのです。

電気や磁気がスムーズに体中に行き渡る状態を維持することが、不老長寿と幸福の確率に役立つというのが、簡単にいうと内丹術の考え方です。

もともと気功も内丹術が原点であり、体内にある気(電気・磁気)、精(生命活動力)と 神(しん=意※無意識下にある純粋な心のようなものです。)の三つを本来の状態に戻して、いつも一致させて融合して動くようにして、自分自身のその能力を高め、自らを調整したり、その放出する電気や磁気、そしてその集中点から発せられる遠赤外線などを使って他のものに良い影響を与えるということからの始まりです。

少し難しくなりますが、内丹術は「築基」「煉精化気」「煉気化神」「煉神還虚」「還虚合道」の5段階で進んでいきます。

内丹術は、人間の身体と心を先天部分と後天部分にわけて考えます。生まれてから身についた意識(ここでは意を認識していると言うことで意識です。深層にある意が認識されていない場合は単に意と言います。)を後天といい、そこで身についた心と身体の違和部分(本来の純粋な心と違和感のある部分)を先天(生まれる前から持つ純粋な心のようなもの)に和合させて、先天に戻すことを目的としているのです。言うなれば戻っておいでと後天に先天が呼びかけて融合するというイメージです。これは陰陽和合という太極拳の思想にも通じています。
元神(がんしん)と呼ばれる、人間本来の純粋な心を自分で意識下で知ることと、その状態で心身が動くことを経験することが内丹仙術や、武当派の太極拳なのです。
一般的に意識と呼んでいる後天的に身についた意は、欲望や感情、知識や理性、雑念や煩悩によって、無意識下や意識下を問わずに、つねに揺れ動き、後天的なあらゆる条件下において先天からぶれています。内丹では、その本来の根本的な中心的先天部分から、ぶれた結果が生老病死や不安に繋がっていくと考えられているのです。
内丹術とは、簡単に言えば後天的な意を純粋な先天的な心に融和させて、日常生活や攻防などの場面で身体と精神が活動することで、生老病死や不安から開放され、揺れてふれても、いつでもその先天的な心の中で輝くしく人生を楽しむための自分自身を確立する一つの手段です。
武当派の太極拳は、太極拳の修練の中で、先天的な意での心身が動く経験を多く積むことで、日常生活や攻防などの場面でもその心身の動きを活かすことが出来るという考え方にたっています。

太極拳における内丹術では、逆腹式呼吸による吐納法(呼吸法と気功・站椿を組み合わせたもの)の呼気と吸気・漏気などの呼吸法を使用した逆腹式呼吸という武術呼吸による、細胞活性化とデトックス技術も内包されています。

エアロタイチ 単鞭

単鞭の単練です。呼吸法と単練を組み合わせたエ単鞭のエアロタイチです。まず左手の練習・右手の練習・転動の勢について・転動の勢と単鞭を続けて練習・単鞭の呼吸法~単鞭の1234を覚えます。それでは、呼吸を入れながら単鞭を音楽に合わせてやってみましょう。

エアロタイチは内丹術による吐納法という呼吸法を使用します。吐納法(調息=長く大きく呼吸し息を長く止める/胎息=無呼吸に似た胎児のような呼吸)を使用した腹式でも胸式でもない逆腹式呼吸法による優れた呼吸法です。

単鞭は武道である太極拳の重要な開合撃(相手の上段突きを受けて鈎手で引き込むと同時に、相手の顔面の急所に鑚勁を打つ。開合の発勁 )です。
このような単練を日常行うことはとても重要ですが、套路などのように毎日練習している人は少ないようです。
用法としては、相手が右足を踏み込みながら顔面を攻撃してきた場合、連勁を用いて両手を左に流しながら、攻撃線を薄くし、その攻撃をそらすと同時に、右手は連勁で下から円を描いて自らの顔面の前をとおり、相手の手を外側からとらえます。攻撃をそらすのと同時です。その右手は連勁により右方向へ下降し、同時に鈎手で相手の右手を敵を引き付け打ちのめし、気を消耗させる採勢を用います。左手も攻撃をそらしたときに、連勁によって小さく右へ勁道を描き、右手の扌履勢による作用の最高点と、左手の発勁は作用反作用の関係で最高点を持つところで発勁となります。
楊家の古式太極拳85式の型を左右反復して練習します。単式は一つの型を、連式は二つの型を繰り返し行います。路式は複数の型を組み合わせ、最終的に順序立てると、簡化24式や規定88式、古式の85式を行うことができます。型練習では、気功内丹法を用い、型と型の間の無極(ギャップ)を会得する事を目指します。その型練習の一部をご紹介する映像です。

全画面表示

PlayPlay

エアロタイチ・イメージムービー

武術太極拳と呼吸法導引術を組み合わせたエアロビクス太極拳です。健康効果がすぐれ、太極拳の護身術にもなります。 楊家の古式太極拳85式の型を左右反復して練習します。単式は一つの型を、連式は二つの型を繰り返し行います。路式は複数の型を組み合わせ、最終的に順序立てると、簡化24式や規定88式、古式の85式を行うことができます。型練習では、気功内丹法を用い、型と型の間の無極(ギャップ)を会得する事を目指します。その型練習の一部をご紹介する映像です。

全画面表示

PlayPlay

肌がかさかさ。

肌がかさかさなのは、主に新陳代謝の問題です。

新陳代謝を高める効果的な太極拳の気功法 は、気功法(吸気)は(排気)体内毒素の排出(無気)脂肪燃焼と余分な筋肉を縮小させ、インナーマッスルを育てます。又、心肺機能を最大限に緩やかに無理なく強化します。

瞑想太極拳の気功術は内丹術として中国古来から不老長寿のための高度な技術として仙人の修行や処世法として伝統的に継承されており、気と呼吸により体外から空気を取り入れ、気により末端の細胞まで酸素、糖や質などの栄養分を運びます。

新陳代謝を高め、皮膚呼吸を活発にすることが大切で、太極拳には伝統的にその技法が伝承されています。

吹き出物が多い。

新陳代謝を高める効果的な太極拳の気功法 は、気功法(吸気)は(排気)体内毒素の排出(無気)脂肪燃焼と余分な筋肉を縮小させ、インナーマッスルを育てます。又、心肺機能を最大限に緩やかに無理なく強化します。

瞑想太極拳の気功術は内丹術として中国古来から不老長寿のための高度な技術として仙人の修行や処世法として伝統的に継承されており、気と呼吸により体外から空気を取り入れ、気により末端の細胞まで酸素、糖や質などの栄養分を運びます。

新陳代謝を高め、自然と体内毒素を排出することが大切で、太極拳には伝統的にその技法が伝承されています。

内丹仙学

内丹とは、人体の秘密を探索する実験手順のことをいいます。それは、心(性=神のある場所)と内臓=腎(命=気のある場所)を、道=タオ(無極/絶対虚無、永久不変)から生まれた丹田にある道気(先天の気)と、思慮から発した気=後天の気を使って煉丹=道を修め、道を広く及ぼして道に復帰することなのです。

人間が生成するときの規則も、天地が生成するときの規則と同じであると考えています。

初めに父と母が交わり、恍惚の中で先天の気が合成され、人体の生命が生み出されます。
母の腹の中で育っていく胎児の姿は、人の姿に似てくるがまだ完全には整っていません。
神と気もまだはっきりせず、人道の「第1変」と呼ばれます。
胎児がさらに育っていくと、心と腎が生み出され、神と気が分かれ、性と命がはっきりしてきます。
10カ月を過ぎると、胎児は胎を脱して出てくるのです。
この時、先天の気は臍の中にあり、後天の気は口と鼻にあり呼吸となります。
先天の神は心の中にありますが、それから後天の思慮の神が起こります。これが人道の「第2変」と呼ばれます。
人間はさらに成長していくと、陽が生じ陰が消え、16歳頃になると精・気・神は全盛期に達します。この時が12消息卦の乾卦に相当し、人道の「第3変」です。
内丹家は人体の精・気・神を先天の元精・元気・元神と後天の淫[自由きままなこと]の精・呼吸の気・思慮の神(識神)に区別しています。
人は出生すると、次第に先天の元神が退いて後天の識神が用いられ、生命を維持するために呼吸の気に頼るようになるのです。
16歳以後年齢を重ねていくと、情欲が芽生え、邪念は止まず、男女交感して有形の精を排泄し、陰が増えて陽は消えていきます。
そして64歳頃になると、元陽は消耗して尽きます。
この時、12消息卦では坤卦に相当し、人はやがて衰えて老い、死んでいくのです。

内丹学家は、宇宙の万物にはすべて生成から死滅への過程があり、虚無だけが唯一永久不変不滅のものであることを知っています。
虚の中に物はなく、質も象もないから、たとえ天地が崩壊しても虚だけは崩壊することがないのです。虚無は道です。
道から先天の一気が生じ、一気から陰と陽が生じ、陰と陽から天・地・人の3才が生じ、それから宇宙の万物が派生するというのが宇宙の「順」方向の変化です。
内丹学家は、道に取り組んで真と1つになることを追求し、宇宙の変化は可逆であると考え、それを逆に進めようとしました。
内丹仙学の基本原理は、人間は修練によって後天から先天の永久不変の虚無の状態へと「逆」方向に進むことができるということです。
それによって道と交わり一体化できるのです。

内丹家は、宇宙の変化を「逆」方向に進めます。

つまり、順に進むと人を生み物を生みますが、逆に進むと仙に成り神に成るというわけです。

彼らは内丹を修練することによって人体の潜在能力を開発し、エントロピー反応を食い止め、人間の精・気・神を1つに凝結させて高度に秩序だて、胎児と同じ先天の状態に変えるのです。

内丹学ではこの人体実験の過程を「三関修煉」と言います。

「百日関」(初関)は人の精と気を融合させて(炁は精と気が合したものの名称です。)、精と神に変えてしまいます。

これが「三帰二[三から二に帰る]」の過程です。

「十月関」(中関)は「二帰一[二から一に帰る]」の過程であり、炁を煉って神に変ます。

「九年関」(上関)は神を虚に戻し、内丹の最高の境地に到達するのです。

内丹の修練の過程では、人体も逆の方向をたどって人道の「第3変」から「第2変」に返り、さらに「第2変」から「第1変」に返り、最後に「第1変」から虚無に返り、内丹は完成するのです。

《唱道真言》には「道の要は、虚に過ぎないが、虚は万象を含む。世界は壊れることがあるが、虚だけは壊れることがない。道経に言っているように、形神倶妙[肉体も意識も絶妙]であれば、道と交わって真と一つになる。道は虚以外のなにものでもない。形神倶妙であるということは、形神倶虚[肉体も意識も虚]である」と書かれている。逆の方向に進めば本に返り元に還るという発想から、「順は人を生み、逆は仙に成る」という原理が生まれた。この原理をよりどころにして、宇宙が逆方向に変化する過程を人体内で模倣するのが丹道の要旨である。性と命が虚霊である元神に帰りそして宇宙精神に溶け込み、「道」の境地まで昇ってゆく。これが内丹仙学の基本思想である。

と記されています。

太極拳の起源

不老長寿の伝説の仙人として中国では有名な張三豊が、少林寺で武術を修めた後に武当山にこもって、道教の陰陽五行説の思想や吐納法という呼吸法(調息=長く大きく呼吸し息を長く止める/胎息=無呼吸に似た胎児のような呼吸)や、導引法(現在では気功法)という道教の健身法、経絡学説を中心とする医術などを取り入れて仙人の修行をした後、編み出したものとされている。この事から分かるように、太極拳とは、現在広く普及されている健康体操というよりも、仙人の修行によって心気体を調整してく瞑想太極拳のようなものが本来の姿なのである。

その後太極拳は、武術として注目され発展していった。その代表的なものに、武術家の陳王廷が作った陳家太極拳がある。もとは一族を守るための武術であり、小架式太極拳(※注1)といわれているものである。その陳家太極拳を、実戦無敵といわれた楊露禅という人物が知り、心気体の調整法として北京に持ち帰り広めていった。このときから、本来の道教の思想を武術の理論(拳理)に生かした王宗岳の太極拳論が重視され、道教の思想が生かされた太極拳という名称が用いられることとなった。その後、楊露禅の第3子の楊澄甫が、武術要素だけでなく結核などの治療や健康法という大架式太極拳(※注2)を広く普及させた。

現在でも様々な要素の太極拳が受け継がれており、伝統五派(陳・楊・呉・武・孫)がある。陳式は剛的な武道的特色があり、楊式は非常に柔らかな動きで『綿拳(針を綿でくるんだような拳法)』と呼ばれている。1956年に楊式太極拳を基礎にして、保健・体育活動の教材として24式、1957年には88式が制定された。これは制定太極拳とも呼ばれ、本来の太極拳の精妙な動きに欠けており体操の要素が強くなっている。

※注1 小架式太極拳=緊密でまとまっており、小さく武術として早く動く※注2 大架式太極拳=ゆっくりおおらかにのびのびとして大きく動く

瞑想太極拳の気功術は内丹術として中国古来から不老長寿のための高度な技術として仙人の修行や処世法として伝統的に継承されており、気と呼吸により体外から空気を取り入れ、気により末端の細胞まで酸素、糖や質などの栄養分を運び、

*1 楊家の古式太極拳85式を気功、想念、瞑想法として確立した錬丹術の内丹術(呼吸法によって体内の気と血を巡らせて仙丹を生み出し、道教の思想と共に心身と気と魂を調整して、不老長寿や福祉を目的とした心身と気と魂の調整術)で、仙人などの修行法として、又、華僑賢人などの練胆法としても行われている。

瞑想太極拳とは

楊家の古式太極拳85式を気功、想念、瞑想法として確立した錬丹術の内丹術(呼吸法によって体内の気と血を巡らせて仙丹を生み出し、道教の思想と共に心身と気と魂を調整して、不老長寿や福祉を目的とした心身と気と魂の調整術)で、仙人などの修行法として、又、華僑賢人などの練胆法としても行われている。

太極拳においての瞑想は、存思(そんし)といい、仏教の禅のような悟りを得るためのものではなく、本来の生命の存在とも言える、人間以前の本のよりも深いところにある純粋な存在(神=しん)に思いを置くことをいいます。いうなればその境地に中心を置きます。