おなかが出てきた。

太極拳は、副作用無く安全に効果的にしなやかな美しい体を作ります。 

グリコーゲンは肝臓と骨格筋で主に合成され、余剰のグルコース(ブドウ糖)を一時的に貯蔵しておく役目があります。糖分の貯蔵手段としてはほかに、脂肪とアミノ酸という形によるものがあります。 脂肪酸という形でしかエネルギーを取り出せない脂肪や、合成分解に窒素代謝の必要なアミノ酸と違い、グリコーゲンは直接ブドウ糖に分解できるという性質があるのです。 ただし、脂肪ほど多くのエネルギーを貯蔵する目的には向かず、食後などの一時的な血糖過剰に対応しています。しかしその蓄積されている、グリコーゲンは運動時等に乳酸に変化するので、運動時には乳酸の血液中濃度が増加します。人間の疲労感は、この乳酸の蓄積によるものと言われています。酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水に分解してしまうので、酸素が必要となります。しかし、それ以上取り入れてしまうと他の組織を攻撃する活性酸素と言うことになります。それで、やっと、脂肪をエネルギーに変える活動が始まるのですが、乳酸の血中濃度を上げてしまうと、すなわち疲労感を覚えますので、又、活性酸素も発生させますので、疲労感により結果的に短い時間しか運動しか行えなません。その上活性酸素も発生し、その苦しさと共にノルアドレナリンも放出されます。
太極拳は、緩やかな円運動でありながら、緩やかに乳酸を消費し、筋肉中のグリコーゲンを消費することで、疲労感無く脂肪を消費ししなやかな美しい体を育てます。

もちろんおなかが出てきた男性も同じことです。

運動と脂肪

有酸素性運動は、脂肪を体内で代謝させるため脂肪を減らすのに効果的であるといわれています。また、内臓の脂肪を燃焼・代謝させる効果もあるといわれています。一方、無酸素性運動は脂肪をエネルギー源として利用しないため、脂肪の減少は期待できないといわれています。

しかし、休憩などをはさみ、トレーニングの量を多く確保した場合には、練習の合間や運動後に有酸素性エネルギー代謝が高まり、脂肪の燃焼は促進されます。

併せて、筋肉の量の増加は、安静時のエネルギー消費量を増加させ、脂肪の燃焼に貢献している面もあります。

このように、特にインナーマッスルを円運動で作り上げる、武道としての太極拳とエアロビクスの組み合わせは、運動と脂肪という観点からも脂肪燃焼に優れていると言えます。

無酸素状態による体の引き締め効果

最も大きな特徴。無酸素状態による体の引き締め効果
 エアロタイチは一時的に無酸素状態を体内に作ります。ギャップ又は無極と言います。このときは筋肉内のグリコーゲンを消費し体内の脂肪を筋肉が必要とするようになり、引き締まった体を作ります。これが有酸素太極拳のもっとも大きな効果で、この部分には太極拳の神髄が含まれています。
 完全に体の中の余分な酸素を気功術で排出し、全体の隅々の細胞まで無酸素状態を作り、気も消滅させます。ここで、吸気を行う前に新たな気を起こします。爆発的な力を用いて宇宙全体を吸い込むようなおだやかな吸気が自然に起こり、一気に気功術で排気します。