予備式の練習風景

立禅の姿勢の説明
みなさんこんにちは。
はじめに、太極拳の姿勢をやってみましょう。これだけで武術の型にもなります。
まず、①両足を肩幅に開いて、足先は前に向けます。~
②手はだらんとして掌は後ろに向けます。(★)~
③膝の後ろを少し力を抜きます。(★)~
④肩の力を抜いて、すこしおなかを後ろにやるような感じで背骨をまっすぐにします。(★)~
⑤後頭部からまっすぐ上に糸を張られてそこだけでつられているような感じです。(★)~
そのままの姿勢でちょっと飛び上がって、もとの姿勢で立ってみましょう。(★)~
完全に全身の力が抜けるまで飛び上がってください。(★数回やる)~
これが太極拳の立禅、立って座禅をすると書きます。予備式とも言います。これは最も大切な基本姿勢で、この状態で20分〜1時間ほど制止出来るようになると、站椿(たんとう)という気功法になります。また、座っていたら必要のない体のバランスを取るための雑念も克服できるので、座禅以上に瞑想訓練になります。~
**それでは、このままの状態ですこし目を閉じてリラックスしてみましょう。(★)~
**立禅の説明
この弛緩した感覚は、太極拳のすべての套路や武術の型などをやるときに必要な感覚です。太極拳は他の武術と違って副交感神経、つまりリラックス神経を利用する武術です。日本の剣術と同じです。だから平常心で無心になれるのです。この弛緩法をしっかり意識して全ての練習を行ってください。大きなリラックス効果を生み出します。止まってリラックスすることは簡単ですが、太極拳は動きながらリラックスできるので、武術になるのです。
人間はリラックスしているとき、脳内から心身に有益なホルモンを多く放出します。ベストセラーになった「脳内革命」という本で中心的に紹介されていますが、幸福・若返りホルモンともいわれるベータ・エンドルフィンがアルファ波と共にとても多く出ます。脳内モルヒネとも言われています。もちろん体には無害です。~
激しいスポーツやエアロビクスなどで苦しい状態になると、ノルアドレナリンという毒性の強いホルモンが出ます。それが極限になるとベータ・エンドルフィンが分泌されて体を補う働きをし、気持ちよい状態(ランナーズ・ハイ)が生まれますが、体に良いとはいえません。太極拳の場合はリラックスして動くので、毒性の高いホルモンは出さずに、有益なホルモンを多く出すところがとても優れています。~
それでは目を開けましょう。いかがですか、少し眠くなるような感覚になったと思いますが、この姿勢と感覚を覚えておいてください。

恍惚感

朝の太極拳は動き始めて5〜6分すると身体に恍惚感が芽生えはじめ、終わる頃にはこの世のものとは思えないような、至福の恍惚感に包まれます。
マラソンでもランナーズハイとか、登山ではクライマーズハイというように、苦しさがピークを迎えると生理的な防衛作用としてホルモンの作用によって恍惚感が表れますが、恍惚感が表れるまでは結構長い時間がかかります。
太極拳は套路において逆腹式呼吸が自然に行われ、無意識に呼吸が深くなったとき、そしてゆっくりと動く太極拳の動作により、特に吐く息が長くなったときにに副交感神経が大いに刺激されます。

副交感神経が刺激されると、脳波にアルファ波が活発になることはわかっています。その活性化により、脳幹から前頭前野に伸びている別名恍惚神経といわれているA10(エーテン)神経が刺激され、快感ホルモンが分泌されて、脳は安定の極致に達し、恍惚感をあじわうことができるのです。

毎日朝の套路が楽しみなのも、この恍惚感のおかげもあるかもしれません。

又、太極拳の恍惚感は、套路をやっているときよりはややかげりますが丸一日持続します。

体をきれいにする

気功法、吸・排・無気で活性酸素除去

吸=生理調整・排=毒素排出・無=筋力調整

気功法(吸気)免疫などの生理的総合力強化(排気)体内毒素の排出

(無気)余分な筋肉を縮小させ、インナーマッスルを育て、引き締めます。

又、脂肪燃焼と、心肺機能を最大限に緩やかに無理なく強化します。

サッカーや野球・バレーボールなどが有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた代表的な運動です。

無酸素は重量挙げ、短距離走などで筋肉を育て、肉体の能力を維持します。有酸素運動はジョギングやエアロビクス体操などで、持久力や脂肪の燃焼などに優れています。

しかし、どれも激しい運動の危険性をはらんでいます。それは、どの運動も活性酸素が発生し、疲労物質の蓄積を免れることができないからです。

エアロタイチは、 サッカーや野球・バレーボールなどと同じ、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた武術運動ですが、副交感神経と導引法という呼吸法を使用し、ミドルテンポでゆっくり力強く行うことで、激しい運動が起こす危険性を排除しています。

特にエアロタイチでは、ギャップという無極運動が起こす、均衡反射は意識的に無呼吸で行うため、効果的な無酸素運動となります。それもバランスをとるときの均衡反射は、バランス筋肉の一生涯使えるインナーマッスルを育てます。

太極拳は、副交感神経を多用して動きます。その理由は深く長い呼吸で套路や、又武術においても発勁を行うからです。深く長い呼吸を行うと、副交感神経が活発になり、脳からはアルファ波が出ることはわかっています。アルファ波が出ると快楽神経と言われているA10神経が刺激され、脳幹周辺に快感ホルモンが分泌されるのです。

現在人の身体の不調は、毎日のストレスなどから交感神経が高まり、自律神経のバランスが崩れることが原因です。

朝の太極拳でそのバランスを調整して一日を過ごし、睡眠の前にも軽い套路をしてそのバランスを調整して深い眠りにつくことで、健康な身体を取り戻すことが出来ます。

血管の状態や、血圧、腸の運動、免疫、ホルモン、その他のあらゆる身体の調整は自律神経によって行われています。

交感神経が優位になる現在人には、交感神経と副交感神経のバランスを維持するエアロタイチ運動がお勧めです。

気をきれいにする

太極拳は無為自然の心から発せられる、滞りやこだわりのない、思慮のない気を使用します。邪気を払い、気の滞りを正し、気をさわやかに浄化します。

太極拳は、副交感神経を多用して動きます。その理由は深く長い呼吸で套路や、又武術においても発勁を行うからです。深く長い呼吸を行うと、副交感神経が活発になり、脳からはアルファ波が出ることはわかっています。アルファ波が出ると快楽神経と言われているA10神経が刺激され、脳幹周辺に快感ホルモンが分泌されるのです。

現在人は、毎日のストレスなどから交感神経が高まり、心身の緊張状態が続きます。その時は、生体エネルギーである気も各所で滞ります。

リラックスしていると、各経穴を押さえてみるとよくわかりますが、柔らかくて暖かいですが、緊張状態の時は冷たくて閉じています。

アルファ波が多く出る太極拳でリラックス状態となり、気の流れを調整して一日を過ごしことで、本来の気である元の気が効率的に心身に伝達する状態、すなわち元気な状態を保つことが出来ます。

心身に元気を呼び戻す運動としてエアロタイチがお勧めです。

心をきれいにする

太極拳は、無為自然に身体を動かします。その無為自然な心を思い出すことで、心を清浄化できるのです。

太極拳は、副交感神経を多用して動きます。その理由は深く長い呼吸で套路や、又武術においても発勁を行うからです。深く長い呼吸を行うと、副交感神経が活発になり、脳からはアルファ波が出ることはわかっています。アルファ波が出ると快楽神経と言われているA10神経が刺激され、脳幹周辺に快感ホルモンが分泌されるのです。

現在人は、毎日のストレスなどから交感神経が高まり、興奮状態が持続します。

朝の太極拳でそのリラックスした状態を安定させて、アルファ波が出やすいバランスの取れた状態で一日を過ごし、興奮しているなと思ったときには、一つの型を軽くエアロタイチを行って、理副交感神経を刺激することで、その興奮状態をリラックスした安定した状態にすることが出来ます。

心の営みは、主に脳の働きですが、心身の生理によっても影響されています。リラックスした状態を簡単に生み出すことが出来ることは、武道でも平常心や不動心などにもつながり、もちろん心の安定も図れます。心の安定は、心身の健康にも気の安定にも相互に関係して、そこから、良い相乗効果が生まれ、心が清浄化されます。

現在人には、忙しいという心を亡くすという時が多く、自らの心を感じることが出来なくなるときが多いようです。そんなときには、ほんの1分でも軽いエアロタイチ運動をして、リラックスを取り戻し、その心を安定させることが、社会生活においても大いに有益だと思います。