運気法PDF書籍プレゼント

古式太極拳に伝わる、「運気法」のPDF書籍が現在無料でダウンロードできます。

FaceBook上のページで実施中です。こちらのリンクから

姿勢や若さ、健康の要、仙骨を調整

仙骨は人間の背骨を支える土台です。 仙骨の上に、背骨が乗っています。

人体のほぼ中心で、骨盤の中央にあり、その先には尾てい骨があります。

この仙骨が腰から上の体全体を支えていますから、これが、おかしくなると全てが大変なことになります。

太極拳の内丹術での整体は、仙骨の調整を最も重要視しています。 私の知り合いの整骨院でも、この仙骨の調整で全てが解決します。 多くの人がここのゆがみで苦しんでいます。

仙骨の周辺には太陽叢(たいようそう)という大きな太陽のように放射する自律神経の固まりがあります。 腹脳とも言われます。ここを下丹田。胸にある胸腺の位置にある、中丹田。脳内の深い部分にある松果体を上丹田として、気を循環させます。

どれも、いやなことや辛いことがあると痛く、重くなる部分ですね。 良いことがうれしいことがあるとスカッとする部分です。

下丹田は自律神経の要、中丹田は免疫の要、特に胸腺が衰えることが老化になります。上丹田は人間が生きる上でとても重要な、睡眠を正常にするなどのホルモン、メラトニンを分泌し、メラトニンは鬱病や神経症の治療薬として注目されているセロトニンから生成されます。

ここで中心に気を通し、調整しますが、この中心が歪むと仙骨をはじめ背骨も大きく歪み、身体のバランスが大きく崩れます。 その結果、著しく身体波動は低下し、内臓や精神までもその影響を及ぼし、病気や症状という形で発生します。

この調整は、初歩は、仙骨内の活性化です。 ここでは、仙骨の中心部には臍下丹田と言われ非常に重要視されているエネルギー球体が有ります。この丹田の源を活性させることで、エネルギー源を活発にします。

まず、立禅という立って行う禅を行います。

立禅において、自然呼吸で、身体を調え、心を調え、念を止めて心身を落ち着かせます。次に心と呼吸を合わせます。 そこから吐納法という呼吸法を行います。 最初は自然呼吸の文息(意識が弱めの静かな呼吸)で、 その後に強い意識で武息(深い強い呼吸)を丹田が熱くなる感覚に沿って繰り返します。 良く腹式呼吸と言われますが、正しくは逆腹式呼吸です。 よく言われる気功がこの段階です。

息は印堂という眉毛の間の経穴から息を吸うような感覚で、吐きながら丹田に意識で落とします。体の中心を走る経絡を使います。(奇経の衝脈)

これが静功です。

丹田がぽかぽかしてきたら、エネルギー球体をへそ(神闕:しんけつ)のところに意識し、へそ下(気海=きかい)、関元(かんげん)=へそと恥骨の中間、中極(ちゅうきょく)=へそから恥骨までを5等分し、その5分の4下がったところ、(3つ合わせて臍下丹田)に落とします。 そこから会陰(えいん)=肛門の1センチ前→尾閭(びろ)尾骨の先端→命門(めいもん)へその真後ろ 第2・第3腰椎の間→夾脊(きょうつい)命門のすこし上のところ→心兪(しんゆ)肩甲骨の間の真ん中→大椎(だいつい)首の一番大きな突起の下、第7頚椎と第1胸椎の間→玉枕(ぎょくちん)眼球の真後ろ 「枕があたる骨」→百会(ひゃくえ)頭の頂上 両耳の先端から、真っ直ぐに上がったところ→印堂(いんどう)=眉間→山根(さんこん)両目頭の間を「エネルギーのボール」を舌を上顎につけて下へ誘導していきます。 そして唾液を飲み下し、天突(てんとつ)喉仏の下→(だんちゅう)=左右の乳頭の中間で胸腺の位置(中丹田)→中月完(ちゅうかん)→神闕(しんけつ)へそに戻り、神闕にある「エネルギーのボール」を一度丹田内(関元=へそ下三寸→会陰=肛門前→尾閭=尾てい骨→命門=へそ裏→神闕=へそ)で回転させます。

これを起勢という、太極拳の型を使って行います。 ゆっくりやればやるほどいいのです。

内丹術ではここまでを築基(ちくき)と言います。動きと呼吸と気が一致して動きます。

動功です。これを繰り返し延々と練習します。 3年くらいはこれしか教えない武当派の流派もあります。

ここまでは基礎を作る段階です。要は未病状態ではない体にするという段階です。 うまくいっていると、少し歩いただけでも、掌がまっ赤になる五気順布という現象が現れます。いつでもそれが出来るようになると、もう気功師の入口です。 レイキなどの簡単な気功が行えます。 冬でも手がぽかぽかです。

この後は、より健康な体、本来の素晴らしい潜在能力を呼び戻す段階です。

内丹術の小周天や大周天という技法を使います。 両方とも古式太極拳の型の中で行っていきます。 とても深い長い道ですが、正しい内丹術に沿った、おおらかな套路を毎日続けてやることで驚くほど早い時間で内丹で仙人を目指せます。

太極拳が熟練してくると、築基の静功と動功を詳しくやります。

中心が正しく整っているかは、新聞紙の筒を使ったバランスで検査します。 気が通ったかどうかは、掌で分かります。

副作用無く安全に効果的にしなやかな美しい体を作ります。

グリコーゲンは肝臓と骨格筋で主に合成され、余剰のグルコース(ブドウ糖)を一時的に貯蔵しておく役目があります。糖分の貯蔵手段としてはほかに、脂肪とアミノ酸という形によるものがあります。 脂肪酸という形でしかエネルギーを取り出せない脂肪や、合成分解に窒素代謝の必要なアミノ酸と違い、グリコーゲンは直接ブドウ糖に分解できるという性質があるのです。 ただし、脂肪ほど多くのエネルギーを貯蔵する目的には向かず、食後などの一時的な血糖過剰に対応しています。しかしその蓄積されている、グリコーゲンは運動時等に乳酸に変化するので、運動時には乳酸の血液中濃度が増加します。人間の疲労感は、この乳酸の蓄積によるものと言われています。酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水に分解してしまうので、酸素が必要となります。しかし、それ以上取り入れてしまうと他の組織を攻撃する活性酸素と言うことになります。それで、やっと、脂肪をエネルギーに変える活動が始まるのですが、乳酸の血中濃度を上げてしまうと、すなわち疲労感を覚えますので、又、活性酸素も発生させますので、疲労感により結果的に短い時間しか運動しか行えなません。その上活性酸素も発生し、その苦しさと共にノルアドレナリンも放出されます。~

太極拳は、緩やかな円運動でありながら、緩やかに乳酸を消費し、筋肉中のグリコーゲンを消費することで、疲労感無く脂肪を消費ししなやかな美しい体を育てます。

含胸拔背

胸部を張らない。へこませ過ぎない。

含胸することによって背中は抜背(自然に肩甲骨の下が開いていき、背中に棚が生じる)となることが出来るのです。力学的にも湾曲(胸がアーチとなる)による強度は証明されています。又、含胸とは、胸が内側に含まれると同時に気沈丹田の状態になります。
生理学上、身体の強弱と筋肉運動の強弱には密接な関係があります。筋肉には随意筋と不随意筋という区別があり、前者は身体各部分の骨格関節と結びついていて、意識によって伸縮します。後者は内臓に関わり、意識を与えなくとも収縮を繰り返しています。含胸拔背により、その双方のバランスが整い、密接に調整し合います。

エアロクラスの進行

Ⅰ 準備運動

① 指運動…五指の指先をほぐす
② すわいしゅ…手は、左右・斜め上下など振る。動きに強弱をつけたり、雲手の足運びをして横移動しながらのすわいしゅも行い、体全体を脱力させてほぐす。
Ⅱ 本時の型の練習
① 1回につき、2〜3個の型を練習する。
② それぞれの型を1つずつ、足運びの動きから行い、次に手の動作をつけて練習する。
③ 一通りの型を続けて行ってみる。
Ⅲ 音楽に合わせて動く
① 7〜8分行う。
② 気功を入れた練習をする。
③ 7〜8分行う。(個人のペースで自由に、気功を取り入れて行っても良い)
Ⅳ 整理運動
① 2人1組になり、推手を行う。

上達すると

体の自律神経と潜在観念(達成精神)を訓練する想念太極拳が身につきます。
自律神経訓練法として筋弛緩法・セルフコントロール法を併用
潜在観念訓練法として、各型の観念付け(例)扇通背・・大きく受け止める自分
物語イメージ法・・雄大な物語で套路を行う・・自己超越感
套路で瞑想が行える瞑想太極拳が身につきます。平常心と無心を日常生活の中で!!
動きながらの座禅・・瞑想するには座禅より難しいが、動物である人間には最重要。

終わりに

いかがでしたが、エアロタイチでした。このようにして型を覚えると、一般的に普及している楊家の制定24式(簡化太極拳)や88式の套路が行えるようになります。一部の細かい違いはありますが、武術と体操の違い程度で、ほとんど同じなので違いを覚えるだけで大丈夫です。早朝、またはみんなで集まって一緒に出来ればと思います。

エアロタイチ

それでは、甩手と今日行った型を、音楽に合わせながら楽しく繰り返し動いてみましょう。

通常のエアロビクス体操は、激しい運動になるので乳酸の血中濃度が高まり疲労物質がたまり、また、活性酸素が生まれますが、エアロタイチは脂肪の燃焼は乳酸の血中濃度が高まらない有酸素運動で行います。無酸素運動は筋肉の乳酸値を高めないインナーマッスルを中心にした運動で行います。★。~
それでは音楽に合わせて楽しくリズミカルに行います。この時は、細かいことは気にせずに、覚えたことを意識の片隅に置く程度にして、とりあえず楽しく動いてみましょう。終わった後で動きを振り返り、修正しながらまたゆっくりと動いてみてください。そのようなフィードバックの繰り返しにより、人間の一番気持ちの良い自然な動きを体に思い出させてしみこませて行きます。★カウントをとりながら次の型へ誘導していき、繰り返して行う。(7〜8分)。

二つの技を覚えました。

今日は2つの技を覚えましたが、家でもくりかえしてやってみてください。呼吸を組み合わせて発勁の威力と護身の用法を思い出してやることがこつです。ちょっとやってみましょう。★ひとりひとり、ゆっくり受けさせてみる。太極拳の護身術の極意はほう勢・按勢・り勢・擠勢などの勢と、走勁・粘勁などの組み合わせです。この様な武術を意識し呼吸と動きを合わせた練習を多くリズミカルに組み合わせているといつの間にか身につきます。そしてゆっくりと組み手、太極拳では散手といいますが、有る程度上達したらゆっくりした動きの中で二人でくんで練習します。たまには取り入れて行いたいと思います。

武術の心意と動きと共に呼吸法をしっかりと身につけると、素晴らしい健康効果がある導引法(現在では気功法)が身につきます。不純物などの毒素と呼ばれるものを体外に排出する排気・免疫を末端の細胞まで届けて生理的総合力を高める吸気・最も大きな特徴。体の引き締め効果のある無気です。

足を放り出さないで横への体重移動

それでは立禅の姿勢をとってください。この立禅の姿勢のまま、今度は足を放り出さないで体重を左右に移動しながら、同じような感覚で膝を回して動いてみましょう。★~

そうですね、これで音楽に合わせて少しやってみましょう。体全体で手はぶらんぶらんとしてください。★~
できましたか。