姿勢や若さ、健康の要、仙骨を調整

仙骨は人間の背骨を支える土台です。 仙骨の上に、背骨が乗っています。

人体のほぼ中心で、骨盤の中央にあり、その先には尾てい骨があります。

この仙骨が腰から上の体全体を支えていますから、これが、おかしくなると全てが大変なことになります。

太極拳の内丹術での整体は、仙骨の調整を最も重要視しています。 私の知り合いの整骨院でも、この仙骨の調整で全てが解決します。 多くの人がここのゆがみで苦しんでいます。

仙骨の周辺には太陽叢(たいようそう)という大きな太陽のように放射する自律神経の固まりがあります。 腹脳とも言われます。ここを下丹田。胸にある胸腺の位置にある、中丹田。脳内の深い部分にある松果体を上丹田として、気を循環させます。

どれも、いやなことや辛いことがあると痛く、重くなる部分ですね。 良いことがうれしいことがあるとスカッとする部分です。

下丹田は自律神経の要、中丹田は免疫の要、特に胸腺が衰えることが老化になります。上丹田は人間が生きる上でとても重要な、睡眠を正常にするなどのホルモン、メラトニンを分泌し、メラトニンは鬱病や神経症の治療薬として注目されているセロトニンから生成されます。

ここで中心に気を通し、調整しますが、この中心が歪むと仙骨をはじめ背骨も大きく歪み、身体のバランスが大きく崩れます。 その結果、著しく身体波動は低下し、内臓や精神までもその影響を及ぼし、病気や症状という形で発生します。

この調整は、初歩は、仙骨内の活性化です。 ここでは、仙骨の中心部には臍下丹田と言われ非常に重要視されているエネルギー球体が有ります。この丹田の源を活性させることで、エネルギー源を活発にします。

まず、立禅という立って行う禅を行います。

立禅において、自然呼吸で、身体を調え、心を調え、念を止めて心身を落ち着かせます。次に心と呼吸を合わせます。 そこから吐納法という呼吸法を行います。 最初は自然呼吸の文息(意識が弱めの静かな呼吸)で、 その後に強い意識で武息(深い強い呼吸)を丹田が熱くなる感覚に沿って繰り返します。 良く腹式呼吸と言われますが、正しくは逆腹式呼吸です。 よく言われる気功がこの段階です。

息は印堂という眉毛の間の経穴から息を吸うような感覚で、吐きながら丹田に意識で落とします。体の中心を走る経絡を使います。(奇経の衝脈)

これが静功です。

丹田がぽかぽかしてきたら、エネルギー球体をへそ(神闕:しんけつ)のところに意識し、へそ下(気海=きかい)、関元(かんげん)=へそと恥骨の中間、中極(ちゅうきょく)=へそから恥骨までを5等分し、その5分の4下がったところ、(3つ合わせて臍下丹田)に落とします。 そこから会陰(えいん)=肛門の1センチ前→尾閭(びろ)尾骨の先端→命門(めいもん)へその真後ろ 第2・第3腰椎の間→夾脊(きょうつい)命門のすこし上のところ→心兪(しんゆ)肩甲骨の間の真ん中→大椎(だいつい)首の一番大きな突起の下、第7頚椎と第1胸椎の間→玉枕(ぎょくちん)眼球の真後ろ 「枕があたる骨」→百会(ひゃくえ)頭の頂上 両耳の先端から、真っ直ぐに上がったところ→印堂(いんどう)=眉間→山根(さんこん)両目頭の間を「エネルギーのボール」を舌を上顎につけて下へ誘導していきます。 そして唾液を飲み下し、天突(てんとつ)喉仏の下→(だんちゅう)=左右の乳頭の中間で胸腺の位置(中丹田)→中月完(ちゅうかん)→神闕(しんけつ)へそに戻り、神闕にある「エネルギーのボール」を一度丹田内(関元=へそ下三寸→会陰=肛門前→尾閭=尾てい骨→命門=へそ裏→神闕=へそ)で回転させます。

これを起勢という、太極拳の型を使って行います。 ゆっくりやればやるほどいいのです。

内丹術ではここまでを築基(ちくき)と言います。動きと呼吸と気が一致して動きます。

動功です。これを繰り返し延々と練習します。 3年くらいはこれしか教えない武当派の流派もあります。

ここまでは基礎を作る段階です。要は未病状態ではない体にするという段階です。 うまくいっていると、少し歩いただけでも、掌がまっ赤になる五気順布という現象が現れます。いつでもそれが出来るようになると、もう気功師の入口です。 レイキなどの簡単な気功が行えます。 冬でも手がぽかぽかです。

この後は、より健康な体、本来の素晴らしい潜在能力を呼び戻す段階です。

内丹術の小周天や大周天という技法を使います。 両方とも古式太極拳の型の中で行っていきます。 とても深い長い道ですが、正しい内丹術に沿った、おおらかな套路を毎日続けてやることで驚くほど早い時間で内丹で仙人を目指せます。

太極拳が熟練してくると、築基の静功と動功を詳しくやります。

中心が正しく整っているかは、新聞紙の筒を使ったバランスで検査します。 気が通ったかどうかは、掌で分かります。

副作用無く安全に効果的にしなやかな美しい体を作ります。

グリコーゲンは肝臓と骨格筋で主に合成され、余剰のグルコース(ブドウ糖)を一時的に貯蔵しておく役目があります。糖分の貯蔵手段としてはほかに、脂肪とアミノ酸という形によるものがあります。 脂肪酸という形でしかエネルギーを取り出せない脂肪や、合成分解に窒素代謝の必要なアミノ酸と違い、グリコーゲンは直接ブドウ糖に分解できるという性質があるのです。 ただし、脂肪ほど多くのエネルギーを貯蔵する目的には向かず、食後などの一時的な血糖過剰に対応しています。しかしその蓄積されている、グリコーゲンは運動時等に乳酸に変化するので、運動時には乳酸の血液中濃度が増加します。人間の疲労感は、この乳酸の蓄積によるものと言われています。酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水に分解してしまうので、酸素が必要となります。しかし、それ以上取り入れてしまうと他の組織を攻撃する活性酸素と言うことになります。それで、やっと、脂肪をエネルギーに変える活動が始まるのですが、乳酸の血中濃度を上げてしまうと、すなわち疲労感を覚えますので、又、活性酸素も発生させますので、疲労感により結果的に短い時間しか運動しか行えなません。その上活性酸素も発生し、その苦しさと共にノルアドレナリンも放出されます。~

太極拳は、緩やかな円運動でありながら、緩やかに乳酸を消費し、筋肉中のグリコーゲンを消費することで、疲労感無く脂肪を消費ししなやかな美しい体を育てます。

強力な抗酸化物質メラトニン

皆さん、メラトニンという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

メラトニンは、動物、植物、微生物で見られる天然の化合物で、動物ではホルモンの一つで脳の松果腺から分泌されます。

よく知られているのは、催眠作用や生体リズムの調節作用ですが、特に強調したいのは、 ビタミンEの2倍の効果を持ち血液脳関門も容易に通り抜けることができ体全体に行きわたることができる強力な抗酸化物質であるということです。核DNAおよびミトコンドリアDNAを保護する役割も持つそうです。

アメリカでは栄養補助食品サプリメントとして販売されており、一般薬局で誰でも容易に入手することができ、メラトニンは不眠治療に用いられるほか、時差ボケの解消にも利用されているのですが、服用においては副作用も報告されています。

しかし、服用などせずとも、動物ではホルモンの一つで脳の松果腺から分泌されるものであり、もちろん副作用などもありません。

このメラトニンは、太極拳でとても活発になるセロトニン神経の作用により分泌されるセロトニンから合成されます。セロトニンは、幸福感をもたらし、平常心を保ち、脳の活動を高める作用があり、老化防止に大きく貢献する酵素です。セロトニン神経を活性化させるためには丹田呼吸やリズム運動が最も効果的で、太極拳の呼吸法と、リズムのある動きが大切です。

太極拳で、セロトニン神経が活発になることは、科学的にも証明されていますので、セロトニン神経をテーマにして色々と研究をしていきたいと思います。

起勢

起勢という型は、起きる勢いと書きます。このような動きです(やって見せる★)。武術の用法としては、相手に両手首を捕まれたときに抜く、または上から捕まれそうになったとき手を跳ね上げたり(扌朋勢)、中段を攻撃されそうになったときなどに下に落としたりできます(按勢)(やってみせる★)。このように、手が上がるときは腰が後ろに行き後ろ体重に、手を下げる勢いの時は前体重になるということを頭の片隅において、まず、動きをゆっくりやってみましょう。~

①立禅の姿勢から、両手を手の甲から前方へ上げていきますが、肩と肘はリラックスさせ、手首だけが糸をつられて上へ引っ張られている感覚で肩の高さまであげていきます。それと同時に、腰を少し後ろに引きながら重心をかかとの方へ移動させます。★~
②次に、体のバランスが後ろに崩れそうになり、均衡反射が生まれ、両手はブランコが上から下がってくるようなふわっとした動きになります。★~
①②を続けて何回かやってみましょう。★~
③そして、両肘から下げる動きが始まり、それが波のように手首、指先へと伝わり、ゆるやかに下げていきます。手のひらで空気を押し下げる感じです。それと同時に、腰を下へ弧を描きながら少し前へ出していき、重心もややつま先にのせます。④両手が体の横に戻ると同時に、重心も中央に戻ります。★~③④をも続けて何回かやってみましょうう。★~
①②③④を続けてやってみましょう。★~腰の動きは、後ろ、下、前、上という縦の円運動が自然に行われます。
***呼吸法 [#o35680bb]
この時の呼吸ですが、①で両手を上に上げるときに吸い、②で下げるときに吐きます。吸気では、腹部に圧力を感じながら横隔膜が下がり、おなかを背中側にへこませていく動きによって、自然に重心が後ろに行きます。やってみましょう★~
両手が肩の位置に来たときに吸いきって、一瞬無呼吸運動が起きた反動により両手を下げていき、同時に呼気が始まります。吸気の時と同様に腹部に圧力を感じながら、今度は横隔膜があがってきておなかが膨らんできます。その動きによって、重心は少し前になります。★~。
それでは、音楽に合わせて、起勢をやってみましょう。(★最初はゆっくり〜倍のテンポで〜繰り返して)

雲手

次に2つめによく使われる型、雲手を覚えます。この様に型を覚えていくと、楊家の武術太極拳・古式85式の套路が行えるようになり、その套路でほとんどの護身の動きが備わる護身術も身につきます。「ごくせん」の仲間由紀恵や「女王の教室」の天海祐希が行っていたような、華麗な太極拳です。

雲手は套路では単鞭の次に来ることが多いです。やってみましょう。★。~
まず単鞭の最終の形を作ってみてください。これから、型を覚えるときには、運歩法・呼吸法・円運動・重心移動、バランスを整える均衡反射を意識において行ってください。意識はしなくて結構です。感じたことが意識に置いていることと合致しているか、違和感があるという感覚です。~
そこから、まず予備雲手というのをやります。~
***雲手を順を追って説明しながら行う
左足先を内側に90度踏みかえ,からだを正面に向けつつ,右手を鈎手を解いて大きく円を解いて、右方下へ掌を下に向けて動き始め、左手は右手と対杯的に円を描き手心を上に向けて腹前に回します。吸気です。無気があって、吸気を始め、左手をそのまま左へ回しながら、腰の高さをそのままにして右足を半歩寄せ,右手を左方下に掌を翻して上げます。足をおろした時に発勁を出します。左手は掌を下に向けて、右手は掌を上に向けてあがっています。これが十字勁と言う重要な動きで、上がる力の反作用で下がる力を強めているのです。目もあがるその腕の掌を追います。右手が内側です。きらに吸気と共に、右手は左方下から右方上へととぎれることなくまわし,右手を右下方に左手は下から今度は右上方にあがります。右体重となります。左足を半歩横に踏み出して馬歩となり,同時に左手を内側から左上方に大きく円を措いて運ぶ。ぶたたび右足を半歩寄せて狭い馬歩になるとともに,両手で大きく円を描く。この左右の動きを合わせて一個の雲手として考えます。できましたか。~
***雲手の武術用法の説明
これを武術の用法にすると。例えば、この様に相手が右手でこちらの顔面をついてきます。十字勁で受けた後反対に十字勁で扌列勢を相手の頸動脈の急所に打ちます。右の次にすぐに左が来たら、左を十字勁で受けて同じく扌列勢で頸動脈を打ちます。もっと色々な用法がありほんの1つですが、足のけりを受けるときも雲手を使います。雲手の下から上に上がる手で横から来たけり足の内側になるとても痛い急所三陰交を受けあげ、その反作用で上から下におりる手で、けり足を挟み込みます。そのまま右に雲手をすると相手の足は回転して投げ飛ばされます。
***雲手を音楽に合わせてやってみましょう。
足運びですが、これは左に動く雲手です。寄せてくる足は下に踏み込む感じです。差し出す足は歩法です。左に3歩すすみ、右に3歩すすみという感じで左右に動きます。ゆっくりやってみましょう。★。まず左に行きます。123。そして右に行きます。123です。この123の組み合わせで雲手を7回やる事になります。套路の中ではこの7回をひとまとめにして雲手といいます。少し練習して。それでは音楽に合わせてやってみましょう。

単鞭の呼吸法

単鞭の動きはだいぶ身についてきたと思います。つぎに、動きに呼吸をつけていきます。
***単鞭の1234
カウント1の時:足を肩幅に開いて、左に重心を移動しながら、手を左に流して息を吸います。左に行ききったところでもう一度吸いながらもう少しバランスが崩れそうな感じで伸ばします。深い有酸素運動になり、主に赤筋を使い脂肪を燃焼させます。次に、一瞬息が止まるような感覚になります。ここが無酸素で、バランスを取るインナーマッスルが大活躍します。バランスを取るためバネのような力が生まれています。★~
カウント2の時:そして自然に呼気が始まり、同時に右に移動しながら右に手を移動して左足を右足に引いていき、右に手を投げ出しながら吐ききります。深い有酸素運動です。主に赤筋を使い脂肪を燃焼させます。次に、一瞬息が止まるような感覚になります。ここが無酸素運動で、バランスを取るインナーマッスルが大活躍します。バランスを取るためバネのような力が生まれています。★~
カウント3の時:そのバネを利用し、吸気が始まり、足を左へ出し始め、左手だけを翻しながら左へ送ります。同時に右手で鈎手(かぎて、こうしゅ)を作ります。この時に吸いきり先ほどと同じです。深い有酸素運動です。中心にどちらとも言えない重心が生まれバランスが不安定な状態になり、一瞬呼吸が止まります。ここが深い無酸素運動です。★~
カウント4の時:その均衡反射の反作用で息をはき始め、一挙に吐き出します。深い有酸素運動です。そして単鞭を打ちます。吐ききっているので息が止まりますが、バランスを戻すため無酸素運動が始まり、次の動作に移ります。★~
この繰り返しです。だから、太極拳はいつでも次の動作に移れ攻撃防御がとぎれないのです。吸いきった所と吐ききった所の無酸素運動を意識して、ゆっくりやってみましょう。★~
***それでは、呼吸を入れながら単鞭を音楽に合わせてやってみましょう。

有酸素運動の説明

酸素をたっぷりと取り入れて行う運動をエアロビクス運動といいますが、激しい運動はとても怖い活性酸素の害を生みます。活性酸素は、体を酸化させる毒素で、発ガン性や動脈硬化やシミやしわなどの老化の原因となるものです。主に、激しい運動やストレスなどがあると、体内で特に多く発生してしまいます。~
エアロタイチでは、エアロビクスの素晴らしい健康美容効果の反面と、太極拳の持続的なゆっくりした動きを
合わせ、活性酸素の問題を解消します。これが太極拳の最も優れたところです。~
太極拳独特の持続的でしなやかな円運動は、運動効率を積み重ね相乗効果であげていきながら、インナーマッスルを使用するので、乳酸を除去し、呼吸法によって脂肪燃焼をしていく大きな効果があります。~
また、厚生労働省が推奨している心拍数の範囲に収まる穏やかな運動ですので、心臓や内臓への負担は軽減されます。いかがですか、気持ちよくできましたか。

呼吸と動作は一致しています。

階段を上る時息を足に力を入れて吐き吸って上る、椅子を立つとき吸って座るとき吐く、上を見るとき吸って、下を向くとき吐く。この様に動作と呼吸は無意識に一致しています。太極拳は、意識(心)と動作(動)で自然な呼吸(息)を作り出します。横隔膜は息を吸うときにゆるんで下がり、息を吐くときに収縮して上に向かいます。漏気の時、より腹圧が高まり、丹田に気が高まります。この時にエネルギーが最大限の爆発力を生みます。この時に発勁が生まれます。発勁は太極拳のあらゆる技が発せられることを言います。~
呼吸法が分かりましたか、これから太極拳を練習するときにこの呼吸法が自然と起こる動きになっているかが、最も大切です。この呼吸法はセロトニン神経を活性化させ、脳内の快感ホルモンを多く出します。気持ちの良い動きを追求するのはこの理屈もあるのです。健康ホルモンが多く出ますから、様々な心身の健康効果が期待できます。セロトニンは鬱病などの治療に使われている脳内ホルモンです。

呼吸の神経系への作用

このように、呼吸は神経によるフィードバック機構((結果によって原因を自動的に調節、制御するシステムのこと))を持っています。呼吸筋がゆっくり動くゆっくりした呼吸で中枢神経を抑制します。これで武術に大切な平常心をも生み出します。

呼吸法について説明

この呼吸法は呼吸の横隔膜や内外肋間筋,呼吸補助筋(インナーマッスル)などの働きによる運動を強化するものです。老化による骨化する肋骨と胸骨の軟骨の老化を防ぐ呼吸でもあります。
逆腹式呼吸は腹圧で脊柱を支える事になり、腹筋や支えるインナーマッスルを育てます。