武術太極拳の単練

●エアロタイチは武術太極拳の単独練習(単練)です。

反復練習でのバランス回復動作で起こる、無条件の均衡反射を利用(ホメオスタシス)した武術練習としてとても優れています。

日本で普及している太極拳では通常一つの型を左右でつなげてなめらかに反復する練習をしませんが、武道としての太極拳では、他の拳法のように鍛練するのが当たり前です。

エアロタイチは、本来の武道の単練に、太極拳の独特の吐納法(呼吸法)と気功法(導引法)を省かずに、元来の練習法を再現したものです。

有酸素性運動と無酸素性運動のベストマッチ

有酸素性運動と無酸素性運動

運動はもとより私たちの日常生活は、筋肉の収縮による身体活動が基本となっています。その筋肉の収縮は、酸素を使わずに行われる『無酸素性エネルギー代謝」と酸素を使って行われる「有酸素性エネルギー代謝」とによってエネルギーが供給されています。
無酸素性エネルギー代謝によりエネルギー供給を行う運動を「無酸素性運動(アネロビクス)」と言い、有酸素性エネルギー代謝によりエネルギー供給を行う運動を「有酸素性運動(エアロビクス)」と言います。  サッカーやテニス、バレーボールなど殆どの運動は有酸素性運動と無酸素性運動の混合により成り立っていますが、強いて両運動の代表的な例をあげると、有酸素性運動では、エアロビクスやジョギング、ウォーキングなどがあげられ、また、無酸素性運動では、重量挙げや砲丸投げ、短距離走などがあげられます。  太極拳は武術ですから、その混合された運動です。それを緩やかに行うことが出来るから優れているのです。

クールダウン

吐納法という呼吸法(調息=長く大きく呼吸し息を長く止める/胎息=無呼吸に似た胎児のような呼吸)を使用したクールダウンを行います。逆複式呼吸法による優れた深呼吸です。

体をきれいにする

気功法、吸・排・無気で活性酸素除去

吸=生理調整・排=毒素排出・無=筋力調整

気功法(吸気)免疫などの生理的総合力強化(排気)体内毒素の排出

(無気)余分な筋肉を縮小させ、インナーマッスルを育て、引き締めます。

又、脂肪燃焼と、心肺機能を最大限に緩やかに無理なく強化します。

サッカーや野球・バレーボールなどが有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた代表的な運動です。

無酸素は重量挙げ、短距離走などで筋肉を育て、肉体の能力を維持します。有酸素運動はジョギングやエアロビクス体操などで、持久力や脂肪の燃焼などに優れています。

しかし、どれも激しい運動の危険性をはらんでいます。それは、どの運動も活性酸素が発生し、疲労物質の蓄積を免れることができないからです。

エアロタイチは、 サッカーや野球・バレーボールなどと同じ、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた武術運動ですが、副交感神経と導引法という呼吸法を使用し、ミドルテンポでゆっくり力強く行うことで、激しい運動が起こす危険性を排除しています。

特にエアロタイチでは、ギャップという無極運動が起こす、均衡反射は意識的に無呼吸で行うため、効果的な無酸素運動となります。それもバランスをとるときの均衡反射は、バランス筋肉の一生涯使えるインナーマッスルを育てます。

太極拳は、副交感神経を多用して動きます。その理由は深く長い呼吸で套路や、又武術においても発勁を行うからです。深く長い呼吸を行うと、副交感神経が活発になり、脳からはアルファ波が出ることはわかっています。アルファ波が出ると快楽神経と言われているA10神経が刺激され、脳幹周辺に快感ホルモンが分泌されるのです。

現在人の身体の不調は、毎日のストレスなどから交感神経が高まり、自律神経のバランスが崩れることが原因です。

朝の太極拳でそのバランスを調整して一日を過ごし、睡眠の前にも軽い套路をしてそのバランスを調整して深い眠りにつくことで、健康な身体を取り戻すことが出来ます。

血管の状態や、血圧、腸の運動、免疫、ホルモン、その他のあらゆる身体の調整は自律神経によって行われています。

交感神経が優位になる現在人には、交感神経と副交感神経のバランスを維持するエアロタイチ運動がお勧めです。

有酸素太極拳

有酸素太極拳は伝統的な様式太極拳大架式であり、本来の太極拳の拳理を備えた、総合健康法である。

吸気

呼吸と気と連続した円運動により、空気を体内に取り込むと同時に、気により血液を巡らせて、酸素と栄養素(糖、脂質、アミノ酸、タンパク質などのエネルギー質)や酵素を、太極拳の心地よさから生まれた体に有益な各種ホルモンやサイトカインを、又、マクロファージやリンパ球などの免疫を末端の細胞まで届けて生理的総合力を高めます。

排気

又、瞑想太極拳の気功術を用いて排気すると同時に、気と血液を引き戻し、体の最末端にある細胞から二酸化炭素を、そして、代謝されなかった糖や脂質などの栄養素を代謝し、体に有害なホルモンや化学物質などを、又、免疫活動や代謝によって生産された不純物などの毒素と呼ばれるものを体外に排出します。

無気

有酸素太極拳は一時的に無酸素状態を体内に作ります。ギャップ又は無極と言います。このときは筋肉内のグリコーゲンを消費し体内の脂肪を筋肉が必要とするようになり、引き締まった体を作ります。これが有酸素太極拳のもっとも大きな効果で、この部分には太極拳の神髄が含まれています。

完全に体の中の余分な酸素を気功術で排出し、全体の隅々の細胞まで無酸素状態を作り、肝消滅させます。ここで、吸気を行う前に新たな気を起こします。爆発的な力を用いて宇宙全体を吸い込むようなおだやかな吸気が自然に起こり、一気に気功術で排気します。

優れたフィットネスとエアロビクス運動

ミドルテンポの音楽に合わせて、気功術を行いながら、太極拳の技をエアロビクスのように、約30分程度繰り返しながら連続して行います。

デトックス 毒素排出

不純物などの毒素と呼ばれるものを体外に排出する太極拳の呼吸法による排気は、瞑想太極拳の気功術を用いて排気すると同時に、気と血液を引き戻し、体の最末端にある細胞から二酸化炭素を、そして、代謝されなかった糖や脂質などの栄養素を代謝し、体に有害なホルモンや化学物質などを、又、免疫活動や代謝によって生産された不純物などの毒素と呼ばれるものを体外に排出します。

生理的総合力を高める

免疫を末端の細胞まで届けて生理的総合力を高める吸気
 呼吸と気と連続した円運動により、空気を体内に取り込むと同時に、気により血液を巡らせて、酸素と栄養素(糖、脂質、アミノ酸、タンパク質などのエネルギー質)や酵素を、太極拳の心地よさから生まれた体に有益な各種ホルモンやサイトカイン*7を、又、マクロファージ*8やリンパ球などの免疫を末端の細胞まで届けて生理的総合力を高めます。

無酸素状態による体の引き締め効果

最も大きな特徴。無酸素状態による体の引き締め効果
 エアロタイチは一時的に無酸素状態を体内に作ります。ギャップ又は無極と言います。このときは筋肉内のグリコーゲンを消費し体内の脂肪を筋肉が必要とするようになり、引き締まった体を作ります。これが有酸素太極拳のもっとも大きな効果で、この部分には太極拳の神髄が含まれています。
 完全に体の中の余分な酸素を気功術で排出し、全体の隅々の細胞まで無酸素状態を作り、気も消滅させます。ここで、吸気を行う前に新たな気を起こします。爆発的な力を用いて宇宙全体を吸い込むようなおだやかな吸気が自然に起こり、一気に気功術で排気します。