野馬分鬃

野馬分鬃は、野の馬がたてがみを分けるとかき、馬がたてがみをなびかせながら野原をかけているような動きです。この様な動きです(やってみる★)。武術の用法としては、相手の攻撃をよけた後、脇または首に肩を寄せ、腕を広げて自分の後ろに倒すようにひねっていく動きが特徴です。(やってみる★)この特徴を頭の隅において、まずは左方向の野馬分鬃からゆっくりやってみましょう。~

①立禅の姿勢から、重心をやや右に移動させながら、両手を少し横に広げます。★~
②続いて、さらに重心を右に移動させ、左足のかかとをあげてつま先は地面をするように右横に寄せてきます。それと同時に、左手は手のひらを上に向けながら小指側からおなかの前に持ってきます。手に大きなボールを乗せているような感じです。右手は手のひらを下に向け親指側から胸の前に持ってきますボールを上から押さえているような感じです。★~
ここまでの動きをゆっくり続けてやってみましょう。(★初めは解説しながら、次にカウントを入れてスムーズに出来るまで繰り返す)~
③次に、②の状態から、左足を左にかかとから出し重心を左に移しながらつま先は左に向けて着地し腰も左に回していきます。それと同時に、下にある右手を左方向に打ち上げ始め、右手は手のひらを下に向けたまま右後ろの方へ緩やかに下げ始めます。★~
④さらに重心を左足に乗せるていくと同時に、左手は斜め左上まで伸ばします。右手は肘を後ろに押し出すようにして下げ、指先は前に向けます。これが③④の動きです。抱えていた空気のボールを、前後に細長く伸ばしていくイメージです。★~
③④の動きを続けてやってみましょう。(★初めは解説しながら、次にカウントを入れてスムーズに出来るまで繰り返す)~
初めからつなげてやってみましょう。(★初めは解説しながら、次にカウントを入れてスムーズに出来るまで繰り返す)~
***呼吸法
①で吸い始め、②で吸いきって無呼吸に、そして③ではき始めて④で吐ききって無呼吸になります。呼吸と動きが連動し、②で吸いきったときに体が縮んで、④で吐ききったときに体が伸びる事により、次の動作が途切れなく自然に行われます。やってみましょう。★~
それでは、ゆっくりめに続けて動いてみましょう。★~
*音楽に合わせて、今日やった動きをつなげて動いてみましょう。 [#of229991]
今まで教えた動き方の細かいことにとらわれず、覚えたことは頭の片隅に置いておきながら、とにかくリズムに乗って楽しく動いてみましょう。呼吸は自由に入れたいときに入れてみてください。(★15分くらい)

コメントを残す