運動と脂肪

有酸素性運動は、脂肪を体内で代謝させるため脂肪を減らすのに効果的であるといわれています。また、内臓の脂肪を燃焼・代謝させる効果もあるといわれています。一方、無酸素性運動は脂肪をエネルギー源として利用しないため、脂肪の減少は期待できないといわれています。

しかし、休憩などをはさみ、トレーニングの量を多く確保した場合には、練習の合間や運動後に有酸素性エネルギー代謝が高まり、脂肪の燃焼は促進されます。

併せて、筋肉の量の増加は、安静時のエネルギー消費量を増加させ、脂肪の燃焼に貢献している面もあります。

このように、特にインナーマッスルを円運動で作り上げる、武道としての太極拳とエアロビクスの組み合わせは、運動と脂肪という観点からも脂肪燃焼に優れていると言えます。