運動と心肺機能

心臓や肺の機能は、運動の強度や酸素の利用の有無によって左右されます。

一般的に有酸素性運動を長期間続けると心拍数の低下や息切れの遅延等心肺機能を高めると言われています。

このことは、有酸素性運動が呼吸器・循環器を絶えず刺激し、全身に豊富な酸素や血液を循環させる全身性の運動であるという特長によるものです。
太極拳も呼吸法を取り入れた、有酸素運動として行うことで、その効果も増大します。