横への体重移動

足を放り出して横への体重移動

ちょっとやってみましょう。体全体を使って左に右足を放り出し円を描いて戻します。手は放り出した方向に同じように出してください。右もやります。★~

そうですね、柔らかくリズミカルにやってみて下さい。それでは両方の足をリズムをつけてやってみましょう。気持ちよくやってみます。★~

はい感覚はつかめましたか。放り出していない軸足の膝が円運動を描いているはずです。これを紡錘円といい、紡績などの糸を紡ぐ機械のように円を描きながら軸に糸を巻き付け、横のバネと縦のバネを巧みに使って糸を締め付けるような、軸を中心に回る感覚です。~

もう一度やってみましょう。★~

今度は前進してみます。先ほどと同じような感覚で、左足を左斜め前に出して、右足を左足の前に放り出してから、右斜め前においてください。今度は、左足を右足の前に放り出してから、左斜め前においてください。できましたか。★~

今度は後退です。左足を右足の前に放り出してから、左斜め後ろへおいてください。今度は右足を左足の前に放り出してから、右斜め後ろへ置いてください。できましたか。★~

それでは前後ろと続けてやってみます。(続けて数回やる★)~

実際の型をやるときには、この様に大きく足を放り出さず、とても小さな動きになりますが、差し出す足は必ず円を描き、軸足の膝は必ず紡錘円運動をしています。この時、膝の中にあるインナーマッスルがとても重要な役割をします。インナーマッスルとは、体のバランスを保つ細かい筋肉で、一生涯使えるものです。この膝のインナーマッスルを鍛えることで、年をとってもしっかりバランスのとれた足腰を維持できるのです。この様な動きです(やってみる)。この円運動が体に染みついて自然に出来るようになれば、型の練習を行うときも横や前にすっと出す小さな動きにしていきますが、まだ出来ないうちは大きく足を放り出す練習をしながら運歩してください。直線的な動きは膝を壊します。

足を放り出さないで横への体重移動

それでは立禅の姿勢をとってください。この立禅の姿勢のまま、今度は足を放り出さないで体重を左右に移動しながら、同じような感覚で膝を回して動いてみましょう。★~

そうですね、これで音楽に合わせて少しやってみましょう。体全体で手はぶらんぶらんとしてください。★~
できましたか。

そうですね、これで音楽に合わせて少しやってみましょう。体全体で手はぶらんぶらんとしてください。★~できましたか。

コメントを残す