起勢

起勢という型は、起きる勢いと書きます。このような動きです(やって見せる★)。武術の用法としては、相手に両手首を捕まれたときに抜く、または上から捕まれそうになったとき手を跳ね上げたり(扌朋勢)、中段を攻撃されそうになったときなどに下に落としたりできます(按勢)(やってみせる★)。このように、手が上がるときは腰が後ろに行き後ろ体重に、手を下げる勢いの時は前体重になるということを頭の片隅において、まず、動きをゆっくりやってみましょう。~

①立禅の姿勢から、両手を手の甲から前方へ上げていきますが、肩と肘はリラックスさせ、手首だけが糸をつられて上へ引っ張られている感覚で肩の高さまであげていきます。それと同時に、腰を少し後ろに引きながら重心をかかとの方へ移動させます。★~
②次に、体のバランスが後ろに崩れそうになり、均衡反射が生まれ、両手はブランコが上から下がってくるようなふわっとした動きになります。★~
①②を続けて何回かやってみましょう。★~
③そして、両肘から下げる動きが始まり、それが波のように手首、指先へと伝わり、ゆるやかに下げていきます。手のひらで空気を押し下げる感じです。それと同時に、腰を下へ弧を描きながら少し前へ出していき、重心もややつま先にのせます。④両手が体の横に戻ると同時に、重心も中央に戻ります。★~③④をも続けて何回かやってみましょうう。★~
①②③④を続けてやってみましょう。★~腰の動きは、後ろ、下、前、上という縦の円運動が自然に行われます。
***呼吸法 [#o35680bb]
この時の呼吸ですが、①で両手を上に上げるときに吸い、②で下げるときに吐きます。吸気では、腹部に圧力を感じながら横隔膜が下がり、おなかを背中側にへこませていく動きによって、自然に重心が後ろに行きます。やってみましょう★~
両手が肩の位置に来たときに吸いきって、一瞬無呼吸運動が起きた反動により両手を下げていき、同時に呼気が始まります。吸気の時と同様に腹部に圧力を感じながら、今度は横隔膜があがってきておなかが膨らんできます。その動きによって、重心は少し前になります。★~。
それでは、音楽に合わせて、起勢をやってみましょう。(★最初はゆっくり〜倍のテンポで〜繰り返して)

コメントを残す