走勁の手と体の動き

今度は、甩手のもう一つの手と体の動き、走勁という動きをやります。先ほどの粘勁と同様に、太極拳の重要な技術のひとつです。まず、右の方に体重を移動しながら左回りに左手の甲を腰につけて巻き込んでいき、右手は胸前に掌を下に向けて巻き付けます。そうすると、左の肩が後ろに、右の肩が前に一直線になります。柔らかい方は行きすぎても結構です。やわらかくやってみてください。一度やってみましょう。★~

右もやってみましょう。★~
これを化勁と言います。相手の力を無力にしてしまうまたは反転させる勢です。実際、肩を押す攻撃を受けてみましょう(見本★)。体の中心を軸にして回転するような感じです。体の中心には前の部分に任脈、後ろ側には督脈という重要な経絡があり、正中線と言いますが、体の急所の重要な部分が集まっています。この化勁は、正中線をねじり弾力性を持たせる活力で行い、体を調整します。正中線を意識して行ってみてください。(二人一組で攻守練習。左右やる★)

コメントを残す