老化と活性酸素

人が食物を食べ、それをエネルギーに変えて生命を維持する過程で活性酸素という物質が発生します。この活性酸素は非常に攻撃力が強く、悪い細菌を一撃で破壊してくれる一方、細胞の周辺の不飽和脂肪酸(リノール酸など)に取りつき、それを酸化するという悪い面も持っています。 この酸化こそが老化の正体です。さらに活性酸素は細胞の核中のDNA(遺伝子)そのものを傷つけることもわかっています。 皮膚の酸化(老化)がしみやしわであり、脳細胞の酸化(老化)がボケ症状、血管の酸化(老化)が動脈硬化です。