結合組織を活性化する

身体の中の結合組織は、臓器と臓器の間を駆け巡る重要な生命維持装置です。太極拳では三焦といい、経絡の経脈から分かれる絡という支流が毛細血管のように駆け巡ります。

そこを活性化し、よく流すことが、武道の発勁の大切な要素です。逆に腎の太絡という結合組織を強く打つと、体の生体は大きく崩れます。急所です。ボクシングでは反則の場所です。ここを活性化することは生体を活発にします。

放鬆を求める太極拳は結合組織を重要視します。免疫や生理の恒常性にとても重要な結合組織は、普段からとても健康に維持することが大切ですね。

三焦経の井穴は薬指にあります。今の季節や朝方は、薬指の爪をもむと体のこわばりがよくほぐれます。

コメントを残す