粘勁の手と体の動き

それでは、甩手の手と体の動きをつけていきます。まず、右の方に体重を移動しながら右手だけやってみます。右上の方に手を手の甲で跳ね上げるような感じです。これは、太極拳の重要な動きの1つで扌朋と言います。この勢いのことを扌朋勢といい、相手の攻撃などを跳ね上げる時に使います。やわらかく一度やってみましょう。★~

次はこの円の動きを使って少し跳ね上げた手を伸ばして下に手のひらを向け小指から巻き込むような感じで手のひらを内側に戻します。手の先に小さなボールがあり、それをなでるような感じです。扌朋勢から一度やってみましょう。★~
それから重心を両足に戻しながら手を体の前に引き込みます。この動きを扌履勢といい、相手のバランスを崩して引き込む動きです。この扌朋勢と扌履勢のような相手の攻撃などを受けてバランスを崩し、そのまま引き込むといった粘らす動きのことを太極拳の粘勁といい、粘糸勁という勁を鍛えます。★上段突きの攻撃を受けてみます。左手もやってみましょう。

コメントを残す