瞑想太極拳とは

楊家の古式太極拳85式を気功、想念、瞑想法として確立した錬丹術の内丹術(呼吸法によって体内の気と血を巡らせて仙丹を生み出し、道教の思想と共に心身と気と魂を調整して、不老長寿や福祉を目的とした心身と気と魂の調整術)で、仙人などの修行法として、又、華僑賢人などの練胆法としても行われている。

太極拳においての瞑想は、存思(そんし)といい、仏教の禅のような悟りを得るためのものではなく、本来の生命の存在とも言える、人間以前の本のよりも深いところにある純粋な存在(神=しん)に思いを置くことをいいます。いうなればその境地に中心を置きます。