白鶴亮翅

白鶴亮翅とは、白い鶴の美しい羽という意味で、羽を広げていくように動きます。武術の用法としては、両方からの突きを雲手で払いのけた後、一歩入って相手の首に腕を引っかけ、体を開く勢いを使って倒す用法があります(やってみせる★)。それでは、ゆっくり動いてみましょう。~

①まず、重心を少し左足に移し、右足を少し寄せます。それと同時に、体はやや斜め左に向け、右手は外から内に円を描きながら手のひらを上に向けておなかの前に持ってきます。左手は外から内に円を描きながら手のひらを下に向けて胸前に持ってきます。両手で体の前にボールを抱えているようなかたちです。★~
②右足を少し右前に踏み出し、重心を移すと同時に、腰は右足の方を向き、右手も右前に上げていきます。その反作用で、左手は左斜め下におろしていきます。★~
①②を続けて繰り返しやってみましょう。★~
③完全に体重を右足に移し、かかとを外に押し出しながら90度左方向に体を回転させます。それと同時に、右手は胸と顔の前を通って右斜め上に上げ、左手は胸前を通って左腰あたりまで払い下げます。★~
④そして、右足は膝裏を脱力させたままで体重をのせ、左足はその場でつま先立ちにします(虚歩)。胸を広げるようにしながら上の手のひらは外側に翻し、下の手は斜め下に向けて伸ばして行きます。両手の平はしっかり生かし、指先までしっかり気を通すイメージをします。★~
③④を続けてやってみましょう。★~
胸前に抱えたエネルギーボールを、大きく自分の前に広げるイメージ、または、鶴が縮めていた羽を大きく広げたようなイメージを持って、伸びやかにやってみましょう。胸の伸び縮みと、腰の緩やかなひねりの運動になります。続けてゆっくりやってみましょう★~
***呼吸法
次に、呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~
***逆向きの練習
今は左に向く白鶴亮翅です。今度は、逆に右に向く白鶴亮翅もやってみます。左が終わった形から、体をやや右に向けながら上に上がっている右手は胸前に、下に下がっている左手は腹前に持ってきてエネルギーボールを抱えます。そして、左足に重心を移動させながら左手を前に出し、右手を後ろに下げて行きます。これで①②ですね。①②を続けてやってみましょう。★~
次に、下の手を胸前と顔前を通って左斜め上に、上の手は胸前を通って右下に払い、最後に上の手は翻して斜め上、下の手は左下に押し出すようにします。何回かやってみましょう。★~
左右つなげて、やってみましょう。★~
音楽に合わせて、やってみましょう。★~

コメントを残す