活性酸素って何ですか?

太極拳で予防!!老化、しみ・しわ・動脈硬化・発ガン・ぼけ症状
活性酸素は“酸素毒”と呼ばれ、発がんや老化、動脈硬化などを促進します。
酸素はふつうO2の状態で安定しています。ところが、時として酸素分子を構成する電子の一つが瞬間的に遊離して不安定になり、非常に暴れやすい状態になる。これが活性酸素で、血管の内皮細胞を傷つけたり、遺伝子の中のDNAに傷をつけます。活性酸素は“酸素毒”と呼ばれるだけあって、発がんや老化、動脈硬化などの原因となり、私たちの健康にとっては大敵と言えます。細胞の周辺の不飽和脂肪酸(リノール酸など)に取りつき、それを酸化するという悪い面も持っています。 この酸化こそが老化の正体です。皮膚の酸化(老化)がしみやしわであり、脳細胞の酸化(老化)がボケ症状、血管の酸化(老化)が動脈硬化です。

太極拳で予防!!老化、しみ・しわ・動脈硬化・発ガン・ぼけ症状活性酸素は“酸素毒”と呼ばれ、発がんや老化、動脈硬化などを促進します。酸素はふつうO2の状態で安定しています。ところが、時として酸素分子を構成する電子の一つが瞬間的に遊離して不安定になり、非常に暴れやすい状態になる。これが活性酸素で、血管の内皮細胞を傷つけたり、遺伝子の中のDNAに傷をつけます。活性酸素は“酸素毒”と呼ばれるだけあって、発がんや老化、動脈硬化などの原因となり、私たちの健康にとっては大敵と言えます。細胞の周辺の不飽和脂肪酸(リノール酸など)に取りつき、それを酸化するという悪い面も持っています。 この酸化こそが老化の正体です。皮膚の酸化(老化)がしみやしわであり、脳細胞の酸化(老化)がボケ症状、血管の酸化(老化)が動脈硬化です。