武術性を排除した太極拳の説明

この円運動の繰り返しが、人間の潜在能力の訓練になりそれが武術になります。その訓練は人間の潜在能力にある完全な健康能力も同時に呼び起こします。しかし、最近の日本でブームになった太極拳は、この円運動や無極といった武術性を排除し、健康の体操として行われています。例えば単鞭でいうと、膝をつま先より出さないように動くと言うような、制限した動きになっているところです。なぜかというと、武術の基本なしに広まったため、多くの人が太極拳で膝を痛めてしまったからです。ではなぜ武術性が排除されたかというと、安全性を重視するため、武術の練習は難しいというイメージが強く、誰でも簡単に普及させたいため、また動きを統一することで管理採点しやすくするため、また中国の政治、武門蜂起への懸念などの理由があります。しかし、武術性を排除してしまった動きは、均衡反射という能力を呼び起こす前に体を止めてしまいますから、インナーマッスルも鍛えられず太極拳の素晴らしいところをも排除してしまっていることになります。ちゃんとやれば、誰でも簡単に安全に武術の動きを身につけることができます。

コメントを残す