有酸素性運動と無酸素性運動

運動はもとより私たちの日常生活は、筋肉の収縮による身体活動が基本となっています。その筋肉の収縮は、酸素を使わずに行われる『無酸素性エネルギー代謝」と酸素を使って行われる「有酸素性エネルギー代謝」とによってエネルギーが供給されています。

無酸素性エネルギー代謝によりエネルギー供給を行う運動を「無酸素性運動(アネロビクス)」と言い、有酸素性エネルギー代謝によりエネルギー供給を行う運動を「有酸素性運動(エアロビクス)」と言います。

サッカーやテニス、バレーボールなど殆どの運動は有酸素性運動と無酸素性運動の混合により成り立っていますが、強いて両運動の代表的な例をあげると、有酸素性運動では、エアロビクスやジョギング、ウォーキングなどがあげられ、また、無酸素性運動では、重量挙げや砲丸投げ、短距離走などがあげられます。

有酸素と無酸素運動の両方をバランスよく含んだ運動がエアロタイチです。