搬攔捶

搬攔捶とは、搬が「払う」・攔が「さえぎる」・捶が「うつ」という意味で、相手の攻撃を払ってかわして打ち出すという動作が合わさった動きです。武術の用法では、相手が左回し蹴りから右上段突きをしてきたときに、回し蹴りを右手内払いして流し、一歩左入って上段突きを左手で内受けして自分の軌道を左にずらすと同時に右拳で中段突きをします。★~

それではまず、払うところだけをやってみましょう。
①②は、払うための準備動作です。①重心を右足に移しながら、両手を横に広げます。
②重心を左足に乗せ、右足を左足に引き寄せて来ると同時に、左手は手のひらを下にして親指側を胸の前に、右手は手のひらを上にして小指側をおなかの前に引き寄せてきます。広げた両手で空気を集めて、エネルギーボールを両手で抱えているような感じです。
ここまでを繰り返しやってみましょう。★(カウントを入れてやってみる)~
③④は払う動作です。~
③右足を1歩かかとから横に出して90度右をむき、重心を移しながら、右手は拳にして左手の内側を通って腹前から胸前に挙げ、左手は弧を描いて腹前に下げます。~
④右足のつま先を外側に向けて鍵足になり、重心を完全に移して上体を右方向に向けると同時に、右手は右腰あたりに払い下げ、左手は後ろに弧を描きながら胸前に上げて小指側からやや前に出します。
ここまでを繰り返しやってみましょう。★(カウントを入れてやってみる)~
⑤⑥はかわす動作です。~
⑤後ろ足を前足に引き寄せてくると同時に、右手は後ろに流して、左手は前に伸ばします。
⑥引き寄せた左足を一歩前に出すと同時に、右手は後ろから弧を描いて拳を右腰から右胸に沿わせながら上げ、左手は手首から少し上に持ち上げるようにして弧を描きます。
ここまでを繰り返しやってみましょう。★(カウントを入れてやってみる)~
⑦⑧は、かわして後ろに流しながら打つ動作です。
⑦左足に重心をかけながら、左手は前に少しずつ打ち出し、右手は顔の右横に戻して相手の攻撃を後ろに流してかわします。
⑧前足に重心をかけて左手をまっすぐ肩の位置で前に打ち出し、よけた右手を左手前腕の内側に沿わせます。
ここまでを繰り返しやってみましょう。★(カウントを入れてやってみる)~
続けてやってみましょう。
***呼吸
①②吸う、③④吐く、⑤⑥吸う、⑦⑧吐く。
***留意点
内払い、かわす、打つ動作をメリハリつけて行う。
かわすときは、自分の中心線を左にずらすことを確認して行う。

コメントを残す