搂膝拗歩

ろう膝拗歩とは、膝をはらって拗歩するという意味で、拗歩とは拳法用語で立ち足と攻撃の手が逆になる立ち方を言います。武術の用法としては、相手のけりを払い、手のひらで相手をつくといった動きが出来ます(やってみせる★)。それでは、左方向へ打つろう膝拗歩から、ゆっくり動いてみましょう。~

①立禅から、重心を左に移動させると同時に、両手を少し横に広げます。★~
②重心を右に移しながら左足かかとを持ち上げ、つま先を地面にする感じで右足横に寄せます。それと同時に、右手は大きく横から右上に持ち上げます。手首はダランとさせておきます。左手は、横から胸の前を横切って右手横に沿わせます。★~
①②を続けて繰り返してみましょう。重心移動は左・右です。★~
③左足を左にかかとから一歩だし、重心を左に移動させると同時に体を90度左に向け、それと同時に右手のひらを起こして左に向け、右の耳横を通って前に伸ばす準備をします。その反作用で、左手は右肩から体の前を通って斜め下におろしていきます。★~
④そのまま、重心を左足にかけて弓歩になると同時に、右手は手のひらで前に押し出す感じで伸ばし、左手はももの横あたりまで払い下げ、手のひらは下向き、指先は進行方向を向けます。★~
③④を続けて繰り返してみましょう。重心移動は右から左です。★~
①から④まで続けて繰り返してみましょう。★~
ろう膝拗歩は、てのひらで打つ用法ですので、打ち出す手に気を集めて、気の球を前へ押し出すイメージでやってみましょう。
***呼吸法 [#o877ba37]
次に呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~
***逆向き、繰り返しの練習 [#b9e7643e]
今度は逆向きのろう膝拗歩をやってみましょう。左へ打ち出した形から、①重心を後ろ足に移動させながら前足のつま先を上げて90度内側に戻し、体も正面に向き直ります。★~
②重心を左足に移し、右足を左足横に引き寄せながら上体も左に向け、それと同時に左手は下から後ろに上げていき、右手は胸前に有る空気を左手のひらに納めるような感じで左手に寄せていきます。★~
③右足を円を描きながらかかとから前へ1歩踏みだし重心を移しながら腰・胸と順番に右方向へ向けていきます。それと同時に、右手は胸前を通って右下へ払う準備、左手は耳の横を通って打ち出す準備をします。★~
④右足に体重を乗せた弓歩となると同時に、右手は払い下げ、左手は打ち出します。★~
逆向きを何回かやってみましょう。★(一緒にやる)~
左右のろう膝拗歩を合わせてやってみましょう。★(カウントだけとり、見てみる)~
音楽に合わせてやってみましょう。★~

コメントを残す