手揮琵琶

手揮琵琶とは、「手で琵琶を揮(ふる)う」という意味です。体をやや後ろに引き、両手で外側から抱き込むような動作が、琵琶を抱えて弾いているようだからです。武術的には、構えとして使われたり、相手の攻撃をかわしたりなどして用います。★(用法を1つやってみせる)~

***動きの解説(右前の手揮琵琶)
①立禅から、左足を一歩後ろにひきながら重心をやや後ろにすると同時に、両手を腹前へ少し広げます。★~
②重心を後ろ足にかけ、そこに右足を引き寄せて腰を後ろにひくと同時に、広げた両手をおなかの前に引き寄せて、空気を下に押さえ込むようにします。★~
③引き寄せた右足を持ち上げて一歩前にかかとをつけ、重心を少し前に移すと同時に、両手を胸前に上げて右手は目の高さで外側へ開いていき、左手は胸の位置で外側へ開いていきます。
④後ろ足に重心を移して虚歩となりながら、腰・肩を少し左へひねり半身になります。それと同時に、右手は外側から弧を描いて体の正面の目の高さに、左手は外側から弧を描いて右手の肘の位置に構えます。やさしく大事な人を抱きかかえるような感じです。
***逆向き、繰り返しの練習
逆向きもやってみましょう。90度の方向転換をいれてみます。
①右の手揮琵琶が終わった状態から、前足をその場で90度左に踏み換え重心をかけると同時に、腰・胸・肩を右に向けていきます。★~
②③④は、右方向の手揮琵琶と逆のことを行います。★(1つ1つ動きを確認しながらやる。)~
逆向きを何回かやってみましょう。★(一緒にやる)~
左右の手揮琵琶を合わせてやってみましょう。★(カウントだけとり、見てみる)~
音楽に合わせてやってみましょう。★~
***呼吸法
次に呼吸を入れてみます。①②で吸い、③④で吐きます。特に、②は吸いきった漏気、④は吐ききった漏気が生まれます。それによって、動きにふわっとした無極の部分が出てきます。ゆっくりやってみましょう。★~
***留意点
●気の流れは、①で大きくかき集め、②でおなかの中にしまい込むようにし、③でしまい込んだものを伸ばした手へ、④で下の手で挟み込むように意識します。

コメントを残す