強力な抗酸化物質メラトニン

皆さん、メラトニンという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

メラトニンは、動物、植物、微生物で見られる天然の化合物で、動物ではホルモンの一つで脳の松果腺から分泌されます。

よく知られているのは、催眠作用や生体リズムの調節作用ですが、特に強調したいのは、 ビタミンEの2倍の効果を持ち血液脳関門も容易に通り抜けることができ体全体に行きわたることができる強力な抗酸化物質であるということです。核DNAおよびミトコンドリアDNAを保護する役割も持つそうです。

アメリカでは栄養補助食品サプリメントとして販売されており、一般薬局で誰でも容易に入手することができ、メラトニンは不眠治療に用いられるほか、時差ボケの解消にも利用されているのですが、服用においては副作用も報告されています。

しかし、服用などせずとも、動物ではホルモンの一つで脳の松果腺から分泌されるものであり、もちろん副作用などもありません。

このメラトニンは、太極拳でとても活発になるセロトニン神経の作用により分泌されるセロトニンから合成されます。セロトニンは、幸福感をもたらし、平常心を保ち、脳の活動を高める作用があり、老化防止に大きく貢献する酵素です。セロトニン神経を活性化させるためには丹田呼吸やリズム運動が最も効果的で、太極拳の呼吸法と、リズムのある動きが大切です。

太極拳で、セロトニン神経が活発になることは、科学的にも証明されていますので、セロトニン神経をテーマにして色々と研究をしていきたいと思います。

“強力な抗酸化物質メラトニン” への1件の返信

コメントを残す