左右蹬脚

蹬脚とは、踏み込む足の意味で、かかとで相手の下腹部などに踏み込むようにして蹴る技です。

体がまっすぐのまま蹴るのではなく、蹴る前に一度上半身を左右にかわしてから、蹴り出すのが特徴です。武術の用法としては、相手の攻撃を体と手でかわし、一度縮んだ勢いで蹴り出します。
動きの解説(右蹬脚)
①立禅から、左足を前に1歩だし重心をかけていくと同時に、両手を胸の高さくらいに大きく広げます。★~
②重心を完全に左足に移し、右足を引き寄せてくると同時に、両手は腹前に下げて右手が前でクロスさせます。★~
③右足膝を胸にくっつけるような感じで、足を上げていくと同時に、クロスした両手を胸前まで上げてきます。
④両手を大きく分け広げて行くと同時に、右足を踵から前にけり出していきます。★~
※前向きで少し練習したら、横を向いてやってみましょう。左右けり出したら、転身蹬脚も入れて、音楽に合わせて行います。★~
***留意点
勁道は、①②でよけた方向に腰をひねり、③④で再びけり出す方向に向き直る、といった円運動を行います。
***呼吸法
①②③で吸う動作です。特に③では、無呼吸の動作です。④で一気に吐ききります。

コメントを残す