単鞭

左手の練習

まず、基本の基本とも言える太極拳の型、単鞭をやってみます。こんな型です。(やってみる★)~
この左手を鞭のような動きにして、相手を攻撃します。発勁と言います。左手だけやってみましょう。足を肩幅に開いて胸前に合掌してください。左に体重を移動しながら、左へ掌を翻しながら、目で左を見てから、顔を左に向け、左掌を押し出してください。★~
***右手の練習
今度は右手をつけましょう。左手とは逆方向の後ろへ押し出します。★
単鞭という技は、この右手の勢いを作用として、その反動の反作用を利用して鋭い発勁を出す技です。両方同時にビンと広げるようにしてやってみましょう。ビンと広げると肘が伸び、その反動で最終的には肘が曲がった状態になります。★~
この部分が最後の動作です。
***転動の勢について
この単鞭は、最初に転動の勢という、相手を左右に揺り動かす動きがついています。その動きも合わせて単鞭の型となります。先ほどの甩手の動きとよく似ていますのでやってみましょう。まず肩幅に足を広げ、掌を下に向けて左へ重心を移しながら、左横への甩手をやってください。これがカウント1の動きです。★~
今度は、右横へ重心を移動する甩手ですが、その時同時に左足を右足に寄せてみてください。これがカウント2の動きです。1,2を何回かやってみましょう(1,2のカウントを入れて★)。~
ここまでが転動の勢です。これは相手の例えば突きなどを受け流す動きです。ちょっとやってみます。(差し込んで右上段で攻撃してもらい、それを受ける。)この動きが内面にあって動くことで、相手の攻撃をよけ流します。★~
***転動の勢と単鞭を続けて練習
今度は、転動の勢から単鞭の打つところをやります。1,2と動いたところからです。左足を左横へ出し、左手だけ翻しながら左へ送ると同時に、右手は右横で鈎手を作ります。これがカウント3の動きです。★~
まず鈎手だけ練習してみましょう。五指の指先を下に向け、少しおろします。そして、空気を五指の指先でつまみ上げるような感覚でくっつけながら少し上に上げます。その時、手首を中心にして下げて上げます。肩と肘の力を抜き、手首だけが糸でつられているような感じです。繰り返しやってみましょう。★~
それでは、123と続けてやってみましょう。★~
最後に、3から左へ体重を移動しながら、左手のひらを外側に翻しながら胸前を通って左方向へ先ほどの単鞭を打ちます。ビンと両手を広げる動きです。これがカウント4の動きです。★~
3,4の動きを続けてやってみましょう。★~
1,2,3,4とゆっくり続けて動いてみましょう。★~
この技の用法を、転動の勢から続けてやってみます。★(相手に差し込んで上段突きをしてもらう)鈎手で相手の手首をつかんで落とす勢いで、左手で相手のあごを打ちます。套路の単鞭ではゆっくり大きくやりますが、たくさん練習して体が覚えると、いざというときに自然とこの様な動きが出来るようになります。~
今度は、反対側の単鞭もやってみます。(ゆっくり右単鞭を何回かやる★)~
今度は、右単鞭と左単鞭を続けてやってみます。その時、4から1に移るときの足の踏み替えに注意しましょう。4で打った側の足に体重がかかっていますが、1で体重を戻すときにつま先を持ち上げてかかとで90度内側に回転させる動きが加わります。そうすることで、体が正面に戻ります。ゆっくり左右続けてやってみましょう。★~

コメントを残す