体をきれいにする

気功法、吸・排・無気で活性酸素除去

吸=生理調整・排=毒素排出・無=筋力調整

気功法(吸気)免疫などの生理的総合力強化(排気)体内毒素の排出

(無気)余分な筋肉を縮小させ、インナーマッスルを育て、引き締めます。

又、脂肪燃焼と、心肺機能を最大限に緩やかに無理なく強化します。

サッカーや野球・バレーボールなどが有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた代表的な運動です。

無酸素は重量挙げ、短距離走などで筋肉を育て、肉体の能力を維持します。有酸素運動はジョギングやエアロビクス体操などで、持久力や脂肪の燃焼などに優れています。

しかし、どれも激しい運動の危険性をはらんでいます。それは、どの運動も活性酸素が発生し、疲労物質の蓄積を免れることができないからです。

エアロタイチは、 サッカーや野球・バレーボールなどと同じ、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた武術運動ですが、副交感神経と導引法という呼吸法を使用し、ミドルテンポでゆっくり力強く行うことで、激しい運動が起こす危険性を排除しています。

特にエアロタイチでは、ギャップという無極運動が起こす、均衡反射は意識的に無呼吸で行うため、効果的な無酸素運動となります。それもバランスをとるときの均衡反射は、バランス筋肉の一生涯使えるインナーマッスルを育てます。

太極拳は、副交感神経を多用して動きます。その理由は深く長い呼吸で套路や、又武術においても発勁を行うからです。深く長い呼吸を行うと、副交感神経が活発になり、脳からはアルファ波が出ることはわかっています。アルファ波が出ると快楽神経と言われているA10神経が刺激され、脳幹周辺に快感ホルモンが分泌されるのです。

現在人の身体の不調は、毎日のストレスなどから交感神経が高まり、自律神経のバランスが崩れることが原因です。

朝の太極拳でそのバランスを調整して一日を過ごし、睡眠の前にも軽い套路をしてそのバランスを調整して深い眠りにつくことで、健康な身体を取り戻すことが出来ます。

血管の状態や、血圧、腸の運動、免疫、ホルモン、その他のあらゆる身体の調整は自律神経によって行われています。

交感神経が優位になる現在人には、交感神経と副交感神経のバランスを維持するエアロタイチ運動がお勧めです。