スポーツをやるうえでの留意点は?

高齢化社会を迎え、これからは高齢者の筋力低下が大きな問題になってきます。そのため、中高年になったら、エアロビクスのような有酸素運動に加え、ダンベル体操など筋力トレーニングも併せて行って欲しい。筋力は中高年になってからでも十分に付きますから、ぜひ実行してみていただきたいと思います。

激しいスポーツを行うと、呼吸量が増える。つまり、必要以上に多量の酸素を身体に取り込むことに なる。また、必要なエネルギー量も一気に増えるため活性酸素が発生しやすい。ただし、ウォーキングなどの軽い運動を長時間行うなら大丈夫。活性酸素に負けない身体を作るためにも、毎日継続して行いましょう。また、成長期の子どもたちが行う運動も、骨や筋肉を発達させるために重要です。